何も知らない18歳がやって初めて気づいたネットビジネスの闇と光

 

ども。shinです。
さあ、今回から「18歳でネット起業を決意したバカのストーリー」の始まりです。
この章含めて多分5章くらいになると思います。

その時経験し、体感したことをできるだけ正確に書いていくので、
是非最後まで読んでもらえたら幸いです。
今回は、「なぜネットビジネスを始めたのか」というところについてお話していきます。

 

今でこそ、月200万円の収入をほぼ自動で得ていて、なんかかっこつけて「自由度の高い生活しよう」とか、
「自分で稼ぐ能力をつけましょう」なんて言ってますが、僕の性格を一言で表すと、

 

超がつくめんどくさがり屋。

 

これはホント正直なところで、
僕がネットビジネスを始めたのもキレイごとなしで言えばラクして稼ぎたかったからです。
好きでもない仕事を40年50年やるというのが嫌で嫌でしょうがなかったのです。
この思いが強かったからネットビジネスに惹かれていったのだと思います。

 

最初は魅力的なワードに踊らされただけだった

 

恥ずかしながら、「1日2時間で月100万円」というのをマジで信じた人の一人です。(笑)
当時は手汗が出るほど興奮して、「やるしかねぇだろ!」なんて言ってました。

でもそう甘くない。

当然ですよね。

 

でも厳密に言えば、「1日2時間で月100万円稼げる」というのはウソではないんですよ。
ウソではないんですが、「最初からそれができるぜ!」という意味ではないんです。

「ちゃんとコンテンツを作って仕組み作りをしたらそれが可能になるよ」
という裏に隠れた意味があるのです。

 

マジで”汚い”ですよね。
ネットビジネスをやっている人の一部でこういうズルい表現をする人がいます。
(もちろんネットビジネスに限った話じゃないですが・・・)

「ウソはついてないんで。」ってその人たちは言う。(与〇翼さんとか)
「でも、ちょっとね・・・」ってなるじゃないですか。

 

当時僕はこの裏に隠れた意味を知らず、すぐにそれが可能になると信じていました。
その結果・・・ネットビジネスに参入した後すぐに挫折を経験しました。

 

「すぐには稼げない」ということに気付いてしまったのです。

 

気付いたというか、我に返ったという方が表現的に合っているかもしれませんね。
「そりゃそうだよな」っていう感覚に近かったです。

 

でも、

 

諦められなかった

 

これはなぜかというと、
真っ当に稼いでいる人がいるということを知ったからです。
本当に「半自動的に100万」とか月1000万稼いでいる人がいたからです。

 

これでこのネットビジネス業界全体がウソだったらさすがの僕でもきっぱり辞めれたはずです。

でも、ホンモノを見たことによって、「あっ本当に稼げるんだ」というのを知ったのです。
ホンモノの情報は質が違ったのです。

 

真っ当に稼いでいる人の存在は思ったよりもデカかった。
なぜなら彼らはビジネスの原理原則をしっかりと学んで、
それを実践している人たちだったからです。

 

少し前の、“ぼやけた視界であるにも関わらずきっと稼げるんだ”と信じていた時よりも、
“ちゃんとした道を通って歩いてきた人を目指せば稼げる”
と確信した時のほうが圧倒的に安心感があったのです。

だってホンモノの人たちが学んできたことを同じように学べばいいわけですから。

 

幸いこのネットビジネスは最先端のマーケティングが学べるものだった

 

正直僕はビジネスなんて全然経験なかったので、
当時質の悪いもの(全てがウソ偽りのもの)を紹介されていたらそれを信じてしまっていたでしょう。

今思うと本当に恐ろしい話なのですが・・・。(笑)

 

でも幸いそうじゃなかった。
それどころか、最先端のマーケティングが学べる機会を与えてくれるものだったのです。

 

そこから僕のビジネスライフが始まりました

 

僕は完全な無知の状態からこのネットビジネス界に飛び込みました。
ただ魅力的なワードに振り回されて、今思うと危険極まりないやつだったのですが、
幸い今は自分でビジネスができるくらいまでには成長しています。

 

「ビジネス」と聞くとなんか難しそうで、自分には関係ないと思いがちですよね。
僕もそうでしたから。“ビジネス”とか”起業”とか”社長”とか自分には絶対縁がない物だと思ってました。

でも、それは大きな間違えで、別に難しくもなんともありません。
自分の家にあるものを友達に売ったり、オークションに出したりするのも立派なビジネスです。

これをもう少しだけ大きな規模でやるだけです。

 

インターネットを活用して自分で何かしらのコンテンツを作り、
そのコンテンツに興味のある人を増やして、
その人たちに何かアプローチできるものがあればそれだけでビジネスができます。

ネットを活用することで、好きな時にお金を稼げるようになるのです。

 

ネットビジネスで稼げるようになると、システムが勝手に働いてくれるので、
ホントに1日1時間の作業で月100万、200万稼げる世界が見えてきます。

もっというと、1日何もしなくてもいいです。
勝手に人が来る仕組みさえできてしまえば、来た人がコンテンツを見て、
勝手に商品を買っていってくれるようになります。

そうなれば、あとは自分の好きなことが好きなだけできるようになります。

 

今は想像つかないかもしれません。
今の段階ではそれでいいです。
これからわかりやすいように詳しく説明していくので安心してください。

とりあえず今は、次章を読んでください(笑)

 

「次章予告」

 

学校入学7日前~

 

shin「母さん。オレ、学校行くの辞めるわ!」

母「!?」

母は驚きのあまり言葉を発することなく、顔のみのリアクションでした。
スゲー顔でしたね。「ん?聞き間違えか?」「いやいや確かに聞こえたぞ?」ってな具合でしょうか。

たしか2時間ぐらい口論したなぁ。

 

次章 入学7日前に入学放棄して母とガチバトルした話