CDせどりで利益増幅を狙え! 大量に仕入れて高回転で売ろう。

 

プロパー棚でせどりせよ!

 

プロパー棚とは、CDの定価の5~6割の値段が付けられている商品が並べられている棚のことです。
他にも108円や216円のCDもありますが、結構状態が悪かったりします。

プロパー棚で売れなければ、108円コーナーに流れていくという話もよく聞きますね。

 

このプロパー棚の利点、良いところなんですが、
比較的新しい商品が多く、今流行っているCDも結構あります。

そのためランキングが高い商品が多く置いてあるので、回転率も高く、
非常に売りやすい商品が揃っているということですね。

 

「500円~108円棚」移行は値段が下がるにつれて仕入れる価値も比例して下がっていくように感じました。
僕の経験上ですが、このあたりでおいしい商品はあったとしても500円棚くらいでした。

それでも非常に少なかったというのが記憶に残っているので、
そこにはあまり期待しないほうが良いでしょう。

 

 

ねらい目のアーティスト・ジャンル

 

ジャニーズは強いですね(笑)
めちゃくちゃ売れます。特に嵐ですね。まぁ~~売れます。

その他はEXILEや東方神起、AAA、最近キテるのは三浦大知ですかね。
これらのアーティストはねらい目と言えますね。
少し前はperfumeとかゴールデンボンバーなどが素晴らしく売れました。

 

これらアーティストが比較的高回転で売れます。
ですがやはり最新曲であればあるほどということですね。
あまりにも古いものだと売れない場合があります。

 

例えばEXILEなんかは初期のやつを仕入れても売れません。
厳密に言えば売れるんですが、回転率は極端に下がります。
できるだけ最新のものを仕入れるようにしましょう。

 

ジャンルで言うと、ジャニーズ、アイドル、K-POP、アニメ、EXILE一族。
この5つは必ず覚えておいてください。回転率半端ないです。

ちなみに洋楽も売れるものはありましたが、
ある程度メジャーなアーティストを認知していないと難しいと思うので、
ここでは省いておきます。

 

 

CDせどりのコツ

 

本せどりでも言ったと思うんですが、
売れるCDを覚えるよりも売れないCDを覚えたほうがせどりは確実にやりやすくなります。

次からこのCDは売れないというのがわかれば、時間短縮になるからです。
その時間を使ってまだ見てないものを見れるので、確実に利益を増幅することができます。

というか、売れるCDは意識しなくても覚えてしまうものですから、
意識的に利益が出ないCDを覚えたほうが良いということですね。

 

 

回転率とは?

 

先ほどから僕は回転率回転率と言っていますが、
回転率というのはどれだけの速さで売れていくかを指します。

これが遅いと人気のないモノなので、たとえ5千円の利益を出してくれるものでも
売れなければ意味がありません。

なので一度実験してみてダメそうだったら次回は仕入れないという風にしていった方が良いですね。

 

ねらい目のランキング

 

ねらい目のランキングですが、モノレートで8~9万位以内が理想的です。
モノレートというのは旧名AmashowでAmazon内でその商品のランキングが何位か、
出品者数はどれくらいか、最安値はいくらかを見る事が出来る優れたツールです。

モノレート⇒http://mnrate.com/ (無料)(登録不要)(ブックマーク必須)

 

どれだけ利益率が高いからといって、
ランキングが20万位とかだったら仕入れないほうが良いと思います。
というか僕は仕入れて売れなかったという経験があるのであまりお勧めしません。

僕はランキングが高くて利益が安い商品か、ランキングが低くて利益が高い商品だったら
確実に前者を選択します。そのほうが売れるからです。

ランキングが低い商品を仕入れるのはリスクでしかないと思っているので、
あまり詳しくないうちはランキングに従っておくのが吉だと言えます。

 

どれくらいの利益を目指すか

 

僕は最初、利益率が低い商品を多く仕入れて高回転で売るという方法をとっていたので、
僕ははコレを強くお勧めします。

個人的に1商品あたり最低500円利益が出たら合格点です。
それ以下だったら僕は仕入れません。

700~800円の利益はウハウハ。
1000円~の利益はガッツポーズレベル。

意外と1000円利益出るものも多いんですけどね。

利益の下限が低いほど仕入れる数は多くなります。
なので、1商品あたりの利益は少なくてもたくさん仕入れれば十分収入を上げることはできます。

暇な人ほどたくさん仕入れるようにしたらいいですね。

 

 

 

コメントを残す