セールスレターに書いてあることは基本的にウソだから。

手紙

 

 

もちろん商品内容とかの説明はホントですよ。
ていうかあれがウソだったらただの詐欺ですからね。(笑)

僕がウソって言っているのは表現のこと。

 

そりゃあみんな売りたいわけだから見込み客が反応するワードを使いまくるわけです。
「今一番稼げるのはコレ!」「心理学?売るために必要なのは○○です!」
みたいなね。

面白いのは今まで心理学とかの話をしてたのに、
「心理学とかクソです!」っていうレターが普通に存在すること。

 

おいおい、君この前まで心理学の話してたじゃん!
みたいなことがよくあるわけです。(笑)

 

基本的に頭に入れておいてほしいことは、レターは売るためのものだから
「今熱いのは」とか「これを知らないとやばいです」みたいなフレーズは
ほとんど売るためのパフォーマンスでしかないので、むやみに信じないことです。

特に知識底辺層をターゲットにしているレターはこういう謎に煽ってくるものが多いですから、
魅力的なワードに振り回されないようにしてください。

 

 

こんなこと言っている僕も、
ネットビジネスを始めた当初はまぁ~~買わされまくりました。(笑)
買わされたというのは、自分の意思ではなく販売者に踊らされたということです。

多分余裕で30万くらいは買わされたと思います。
塾とかには入らなかったのでこれは不幸中の幸いかなと(笑)

 

もちろんその30万の中で素晴らしい教材はいくつかありましたけどね。
極わずかでしたけど。

パソコンを変えてこの教材は移しとこうって思える教材は
3つ4つくらいしかありませんでしたから。

ほとんどのものはお世辞にも良い教材とはいいがたいものでした。

 

 

レターを読んで購入する基準をすこし話しておこうと思います。

言うまでもなく、
表現とか煽りでテンションを上げられて買うというのはナンセンスです。

これではいくらお金があっても足りません。
ただ買わされて成功できないまま終わってしまうでしょう。

 

じゃあどうするか。
「人」を見てください。

 

人というのは販売者ということです。
「販売者はどういう人なのか」「実績はどうか」「メディアはあるのか。」

基本的にその人が普段どういう発信をしているかを見れば人となりが見えてきます。
レターでとにかく煽りまくっている人はリサーチするまでもなくその場でレターを閉じていいです。

そういう人はとりあえずたくさん売れればいいやと考えている人なので。
やはり人を見るというのが一番だと思います。

 

どういう人間かというのがわかれば、その教材の質がある程度見えて来ますので、
それを参考にしたらいいです。

ある程度ビジネス歴のある人だったらレターを見るだけで質を読み取れるんですけど、
どうしても最初のほうは難しいですからね。

 

とにかく、魅力的なフレーズに惑わされないこと。
これを肝に銘じてください。

そしておいしい話っていうのはそうあるもんじゃないですから。
「週5時間の作業で月100万円!」とか普通にありえないということに気付きましょう。

仕組み作りをしたら余裕でそれは可能ですけど、知識もない。システムもない。
そして仕組みも作ってないのにそれができるわけないんですから。

 

何はともあれ、信用できる人から買うのが一番だと思います。
インフォトップで適当に見てて煽られて買うというのは非常に危険なので止めたほうが良いですね。

 

騙されましたとかそういうのはもう言わないようにしましょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す