お先真っ暗と思っている人が10分でガッツポーズをする記事

 

まず初めに。
お先真っ暗と思っているあなたにひとこと。

 

この時代にお先真っ暗とかありえないので安心してください。

 

お先真っ暗というのはもう手も足も出ない状態ですよね。

おそらくこのようなことを言っている人は、
「オレは学歴もないし、特別頭がいいわけでもない。金もない。人脈もない。は?人生終わりじゃん。」

まぁこんな感じでしょう。
(他にもたくさんあるとおもうけど)

 

結論としてこのようなことを言っている人は情弱です。

 

「ばかにしてんのか?」

 

いえ。バカにしてません。
これは事実であり、この先見てもらえれば理解してもらえると思います。

 

情弱というのは今の時代を理解していないということです。
たしかに今でも大企業に勤めるということは一番成功する道だといわれています。

僕も勉強できるという意味でそう思います。
ですが、お金を稼ぐという面ではそうは思いません。

というのは、率直な意見として大企業で色々な人と接したり、
事業に関わっていく中で人間としての成長は大いに見込めると思います。

 

ですが、お金や安定を求めて大企業に就職するというのは見当違いというか意味がありません。
非常にもったいないなと思います。

おそらく8割方の人が安定を求めて大企業を目指しているように思います。
もう薄らと気付いていると思いますが、大企業も安定ではないんですよ。

ソニー、パナソニック、日立・・・
ここ五年間で半端じゃない数の人間をリストラしてますよね。

 

 

さて、これが果たして安定といえるのでしょうか。
僕の答えはNOです。中小企業も例外ではありません。
少し考えれば下請け企業がどれだけ危険かということが直ぐにわかると思います。

では本当の安定ってなんなのか。

 

 

自分の力でお金を生み出す能力をつけること。

 

 

これが本当の安定だとは思いませんか? 能力、知識はなくなることはありません。
僕たちは教育のせいなのか何なのかわかりませんが、
お金を稼ぐ方法というのをおしえてもらえませんでした。

 

そしてなぜかわかりませんが、お金を稼ぐこと自体が悪だとまで頭の中に刷り込まれています。

これは僕の推測ですが、これはドラマなどで「金を使って世界を操っていた悪者が、
主人公の膨大な努力で世界を覆す」というストーリーのせいだと思っています。

色んな場面が頭の中で再生されているうちに、刷り込まれたのではないかと思うのです。
こういう場面はよくありますよね。たしかにストーリーとしては面白いし、見ててスカッとするのですが、
あまりによくできたストーリーのせいで現実世界にまで影響を与えているわけです。

 

悪者を、主人公が倒すみたいなストーリーに限らず、
マンガのストーリーを現実世界にまで影響させるなんてことはよくありますよね。

これは僕が小学生の時の話ですが、ドラゴンボールを見て、
修行すればだれでも「かめはめは」を出せるようになると思ってました。

一日に何回も「か~め~は~め~は!」と耳が痛くなるくらいデカい声を出して
ポーズをとっていたのを思い出します。母親に「拡声器かお前は!」とよく言われたもんです。

 

「あれ、まだ出ないのか。修行がまだ足りないのかぁ!?」
なんて発狂したこともあります。今思い出すとマジで恥ずかしいんですが(笑)

 

物語は入り込みやすく、そして信じてしまいやすいというのを心理学が証明しているというのもあって、
現実世界にまで影響させるというのは普通にあることなんですよ。

 

なので、多分その影響だろうなと思います。
(なんの話だよって感じですが笑)

 

話が少し脱線してしまったので戻すと、「お金を稼ぐことを教えてもらっていない」という点は、
安心してください。今からでも学ぶことができます。

「今から?経済の専門学校でもいくの?」と思いがちですが、違います。

あなたの今いる場所から直接学ぶ事が出来ます。
どうやって学ぶかというと・・・

 

インターネットです。

 

今はネットが普及していて、好きな動画が見れたり、
芸能人のリアルタイムな情報を得れたりします。

ここでピンと来た人はかしこいですね。
そうです。日本の金持ちと呼ばれる人からの情報も得られるということです。

と、いうことはサヨナラホームランで一発逆転も可能だということです。
ですから、お先真っ暗なんてありえないんです。

 

おお、やっとつながった。
今は、あなたが求める情報を確実に得られるシステムが整っています。
そのシステムを上手く活用することができればお金を稼ぐ方法を得ることは容易なわけです。

 

1日で100万稼ぐような人から情報を得ることも可能になるのです。
リアルでそんな人から情報を得ることなんてまずないですよね。

でもネットだとそれが可能になるんです。
想像してみてください。実際に100万稼いだ方法を伝授してもらった時の自分を。
今と同じようにお先真っ暗なんて言葉が言えるでしょうか。

なんでオレはあんなことで悩んでいたんだろうと、霧が晴れたような気分になったはずです。

 

今現在お金を稼ぐという点においてはネットを使うのが一番です。

 

新聞営業の場面を想像してみてほしいんですが、

一軒一軒ピンポンをして「新聞いかがですか」と営業する人と、

1億18万人のネット利用者に一斉に新聞の営業をする人。
どちらの方が購読数を得られると思いますか?

 

言うまでもないですよね。完全に後者です。
1億18万人のネット利用者全員が見込み客になるわけですから当たり前ですよね。

 

あなたもその気になれば、この1億18万人に対してセールスができるんです。
もちろん全員にあなたの存在を知らせることができるわけではありませんが、
その中の0.0001%、約1万人くらいなら十分集める事が出来るでしょう。

この1万人の人たちがあなたの見込み客となれば、
100万稼ぐことなど容易なのです。

 

僕はたった35人の見込み客にセールスをし、100万円稼いだことがあります。
(確実に購入してくれる人を抽出しただけですが笑)

 

ま、「そういうことを普通にできる時代ですよ」ということを理解してもらいたいということです。

お金を稼ぐということは、あなたがビジネスをするということですが、
あまり難しく考えないでください。最初は何でも難しく感じると思いますが、
学生時代数学7点の僕でもできるくらいシンプルなものなのであなたにもできます。

もちろん簡単というわけではありません。
普通の人間が努力すれば十分できるレベルであるということです。

 

ネットを活用するビジネスをインターネットビジネスといいますが、
このネットビジネスにはいろんな種類があるので、詳しくは別記事を見てみてください。
そこらのサイトよりは詳しく書いたつもりなのである程度のことはわかると思います。

 

ちなみにビジネス初心者に最適なビジネスを少しだけ紹介すると、

せどりというビジネスなんですが、
実店舗で商品を安く仕入れてネットで高く販売するという実にシンプルなビジネスです。

要はBOOK OFFなどでネットのほうが価格が高いゲームを買ってきて、
オークションや、アマゾンで売るということです。

 

物心がついた少年にもできるくらいの簡単なビジネスなので
知らないのであればコチラを読んでみてください。
せどりでゼロから稼ぐための全てを盛り込んだマニュアル⇒http://shin-valuesky.com/?p=563

 

 

さてまとめに入りますが、
ここまで読んでくれたあなたはもうお先真っ暗などありえないということが分かったと思います。

よく飲み屋で「お金持ちになるために来世はちゃんと勉強しよう。」なんてことを聞きますが、
いや、現世で勉強しろよという風に思います。

おそらく彼も大企業に入らないとお金持ちになれないと思い込んでいるんでしょう。
ホントはそんなことないんですが。

 

あなたがいくつだろうが今からでも十分理想のライフスタイルを創る事が出来ます。
それができるシステムや情報があるわけですから、ただ嘆いてるんじゃなくて
行動を起こしましょう。

上手な言い訳を口から出すよりも、まずは手や足を動かしましょう。
言い訳は虚無感しか生み出しません。

今から意識を変えて、目標を立て、目標に向かって毎日を過ごしましょう。

 

 

 

コメントを残す