情報発信で稼ぐことは私でもできるのか?「ホントのところどうなのか」

 

 

ども。shinです。

今日は質問の中でも必ず上位に食い込んでくる
「情報発信でお金を稼ぐことは私にもできますか?」
という質問の答えを書いていこうと思います。

 

最低でも1週間に5通は来る質問なので、
気になっている人は多いのではないかと思います(笑)
実際のところどうなのか、ホントのところを知りたいのではないのかなと。

 

やっぱり最初は不安ですよね。
突出した得意分野もない。さして知識もないという自分が、
情報を扱ってお金に換えることは本当にできるものなのかと。

「どうせ私なんかが書いた記事なんて誰も読んでくれないだろう」
という風に思うわけです。

こんな不安が頭の中を駆け巡り、ついには足を止めてしまう。
ほとんどの人が一度は経験することだと思います。

 

この記事を最後まで読んでくれればその不安は解消されることでしょう。
是非最後まで読んでみてください。

 

 

 

価値ある情報発信をするにはどうしたらいいのか。

 

まずはそもそも論の話を。
情報発信でお金を稼ぐには、価値ある情報発信をしなければいけません。

ではどうすればこの“価値ある情報発信”ができるようになるのか。

 

今のところ何の価値ある情報も知識も持ってない私が、
本当にできるようになるのか。というところについてお話していこうと思います。

 

結論から言えば、
あなたの脳さえ無事なら価値ある情報発信は必ずできます。

もちろん価値のある情報発信ができるということは、
情報発信でお金を稼ぐことももちろんできる。

ではその根拠を話していこうと思います。

 

価値ある情報とは、
今知らない役立つ情報のことです。
知らないより知っていた方がいい情報ですね。

「誰か」が知らない役立つ情報をあなたが教えることができれば、
あなたは価値ある情報を提供したと言えます。

そのためにはあなたがその「誰か」よりもその分野について、
知識を持っている必要があります。

 

「誰か」を仮にAさんと名付けましょう。

ある分野において、Aさんより一段でも上にいれば、
あなたはAさんに役立つ情報を教えてあげられますよね。

「ココに上るためにはこうすればいいんだよ!」
ってことを教えてあげるわけです。

何もタワーマンションの最上階から
地面に見下ろす形で教えなくてもいいんですよ。

 

Aさんより“たった1段上”でいいんです。
そのたった1段を登り切れない人のために、
手助けとなる情報を教えてあげればいいんです。

ほとんどの場合、Aさんだけでなくそのステージにいる人はたくさんいるでしょう。
BさんもCさんも1段上のステージに上れなくて困っている。

その人たちのために情報を提供していくのです。
これができれば価値ある情報を提供したという点ではクリアしています。

 

 

価値ある情報を提供するためにするべきこととは?

 

 

では今度は価値ある情報を提供するためにすること、
知識をつけるという点について話していきます。

知識はインプットすればだれでも身につきます。

 

例えば今から3時間ほどダイエットについての本を読んでいったとしましょう。

「ダイエットを成功している代表的な例が3つあって・・・」
みたいなことを本からどんどんインプットしていくわけです。

3時間もインプットに時間を費やせば個人差はあるかもしれませんが、
その分の知識は確実にあなたの頭の中に刷り込まれているはずです。

少なくとも、3時間前のあなたよりは確実に進化しているわけです。
僕の言葉で言えばそのジャンルでのステージが1段上がったわけです。

 

これを毎日数時間やっていったらどうなるでしょう。
1か月、3か月、半年、、、とやっていったらどうなっているでしょう。

価値ある情報は当たり前のようにあなたの頭の中に入っていますから、
それをアウトプット(出)していけばいんです。

どの情報に価値があるのかというのは毎日インプットしていれば自然とわかってきます。
自分がビックリしたこと、感心したことを教えてあげることで読者は喜んでくれます。

 

知識をつけるにはどうしたらいいのか。
それは毎日の積み重ねです。

 

毎日3時間ではなく、たった1時間でもいいのです。
さっきまで知らなかったことを知っていく作業が大事なのです。

これを続けることができたらあなたは、
価値ある情報を発信することができます。

 

 

アウトプットは誰に向けてすればいいのか。

 

 

アウトプットは自分に向けてしてください。

 

「・・・え?」

 

正確に言えば、
「その情報を知らなかった自分に向けてアウトプットする。」ですね。

 

「昨日の自分に教えてあげるにはどうしたらいいのだろうか。」
「どう説明すれば自分はスムーズに理解を深める事が出来るのだろうか。」
こういう風に考えていくわけです。

実際のところ、これが一番読み手にも伝わる記事の書き方だと思います。

リアルに対面で話すときは相手が目に見えて実態があるので、
“相手”に伝わりやすいように話すことができます。

もし伝わらなかったら相手からすぐ質問が飛んできます。
「これはどういう意味なの?」とか「どういう原理でそうなっているの?」

みたいな感じで。

 

でもネットの世界では違います。
相手が見えません。リアルタイムで質問も飛んできません。

目の前にあるのはパソコンだけです。

 

よくあることなのですが、自分勝手に勉強したことだけを話す人がいます。
そこに“読み手”の意識は全くなく、自分本位でサーっと書くのです。

 

例にして書いてみると、

「コピーライティングについてはなしまーす。
3つのNOT、読まない信じない行動しない。
マズローの欲求5段階説とは・・・。QUEST FORMULA・・・。」

 

みたいな感じで、

自分は勉強したから3つのNOTという言葉が出てくるだけで、
“読まない”というのはどういうこと指している言葉なのか。

また、それを突破していくにはどうしたらいいのかというのがわかります。

 

ですが、読み手からしたら意味が分かりません。
「まず3つのNOTってなんやねん」って話ですよね。
頭の中には“?”マークでいっぱいで今にも爆発しそうな状態です。

 

だから最初は、「人には3つのNOTっていう3つの心理障壁があってね、
これを超えていかないと読み手は絶対にモノを買わないんですよ。」

というところから入って、
「読まない、信じない、行動しない。これが3つのNOTと呼ばれているものです。」

「この3つのNOTを確実に突破することによって、
はじめて読者はモノを買う行動に走るわけなんですよ。」

 

というふうに説明して初めて雰囲気がつかめるじゃないですか。

 

さっきの例のように自分勝手に勉強したことを書いたのでは、
当たり前ですが、その記事は読み手からしたら何が何だかわかりません。
物事には順序があります。

理解するために最適な段階を踏んで説明しなければ読み手には伝わりません。

 

だからこそ、
その情報を知らなかった自分に向けて教えてあげる努力をするのです。

その時の自分に上手く教えてあげることができれば、
当然のように“知らない誰か”にも理解できる内容となっているわけです。

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。
頭の中のもやもやは取れましたか?

最初は誰でも1歩踏み出すのに抵抗があるものですが、
ネットビジネスにはリスクがほとんどないので今すぐに始めていったほうが良いです。

 

“失敗”という単語が飛び交っていますが、
ネットビジネスに失敗という言葉は存在しないも同義だといっていいです。

だって失敗といっても稼げないだけで、破たんするわけでもないし、
借金ができるわけでもない。

ただ“稼げないだけ”なんですから。
0が0になっただけ。もしかしたら0.1になっている可能性だってあります。

 

始め情報発信は難しく感じるかもしれません。
最初からきれいな文章、読みやすい文章はおそらく書けないでしょう。
(僕も書けませんでした。いまでもひどいもんです笑)

でも書いているうちに人間は成長していくものなんです。
スポーツと同じで、同じ動きを毎日していればイヤでも上手くなるものです。

 

タイピングとかもそうでしょう?
毎回同じように動かしていればいつの間にか打つのが早くなってて、
無意識のうちに指が動くようになっている。

 

文章もそれと同じなんですよ。
書いているうちに雰囲気がつかめてきて、
どう書いたら伝わるのかが分かってきます。

書いているだけではなく読むことも重要ですね。
他の人の文章を積極的に読むことをお勧めします。

 

本を読んでみるといいかもしれません。

ネットだと「この人文章上手いなぁ・・・」と思う人はほとんどいませんけど、
本だと審査があるので支離滅裂な文章がほとんどありません。
(たまに翻訳本でおかしい表現はありますけど・・・笑)

 

なので本当に上手い人の文章を読む事が出来ます。

 

人の文章を読んで自分でも書く習慣がつけば、
必ず説得力のある文章は書く事が出来ます。

 

価値ある情報発信はその情報を知らなかった自分に届けること。
理解がスムーズにできるように考え順序良く教えてあげること。

 

そうすれば必ず他人に伝わる文章を書く事が出来る。
伝わる文章を書く事が出来たら、信頼残高が上がり、
自然にそれが収入に繋がっていきます。
(信頼残高については別記事を参照ください。)

 

ということで、情報発信で稼ぐことは私でもできるのか。
という答えは腑に落ちたでしょうか。

少しでも理解して頂けたのなら今すぐ行動しちゃいましょう!
失敗はあり得ません。少しづつ成長していきましょう!

 

ではまた。

 

 

コメントを残す