あなたが成功できない理由は○○をしてないからです。

 

ども。shinです。
毎日目標に向かって頑張っていますか?

目標がないとだらだら過ごしてしまって気付いたら
「1日が終わっている」なんてことになってしまいます。

これは非常にもったいないことなので、
毎日30分でも1時間でもいいので、
あなたの目標に1歩でも近づけるように努力しましょう。

 

ということで、今回は、成功できない理由について話していこうと思うんですが、
もうほとんど今の文章で伝わっていると思います。

成功のためには「目標に向かう事。」これに尽きるといっていいですね。

 

 

ただ、少し抽象的になってしまっているので、
掘り下げていこうと思います。

僕の体験談なのですが、「早く目標を達成したい、成功したい!」
という思いが強いばっかりに、何も分からず走り出してしまうということがあります。

 

実はこれは僕に限らず、
ほとんどの人がそうだったんです。

 

走り出すというのは、一見いい表現に見えますが、
今振り返ってみれば、ものすごいタイムロスだったことに気付いたんです。

 

「何も分からず走り出す」というのは聞こえはいいですが、

言い換えてみれば、ゴールを設定していないということです。
厳密にはゴールはあるものの、ゴールまでの道が分からない状態です。

それで走り出してしまったらどうなるかわかりますよね。
たまたまゴールにたどり着くこともあるかもしれませんが、
99%ないといってもいいです。

 

ほとんどの人が、どこかで迷ってしまうことになります。
これだと非効率的だということがわかりますよね。

ではどうすればいいのか。

 

明確なゴールがある場合、
それにたどり着くためにはどうしたらよいのかをしっかりと考える。

例えば、スポーツにおいて誰か特定の人やチームに勝ちたいと思う場合、
そのAさんに勝つという大目標があります。

 

では勝つためにはどうしたらいいのかを考えるわけです。
勝つためには、ドリブルが上手くならなければならない。
シュートの精度を上げなければならない。

 

そのためには「1試合ベストパフォーマンスできる体力が必要だな。」
「シュートを安定させる筋力がいるよな・・・。」
といったように、大目標を達成するためにやらなければならない
小目標というのが出てきます。

 

この目標を一つ一つ設定していく必要があるんです。

 

小目標が出来たら、その小目標を達成するために、
毎日努力すればいい。

 

今回はスポーツにたとえてみましたが、もちろんビジネスでも同じことです。
ビジネスだったら、大目標に企画を成功させると設定したとして、

次は、その大目標を達成するためにどうすればよいのかを考え、
小目標を設定する。

 

あとは・・・

 

いうまでもありませんね(笑)
こんな感じで抽象的な目標を具体的にしてみる。

そこで、優先順位が出てきたらそれに向かって毎日頑張る!

僕はこのやり方で学生時代も、社会人になってからも、
この法則を活用してきました。

理にかなった方法だと思うので是非参考にしてみてください。

では!

 

PS.

突然ですが、近いうちに過去の記事を削除しようと思っています。
理由は前は使えたノウハウが今は古くて使えなくなっているモノがあるからです。

そして前はやっていたけどやっていないことが結構あったりするからです。
やっぱりやっていないことを残しておくのはどうかと思ったので削除しようかなーと。

一応過去記事のバックアップは取ってあるので、
特定の人だけの特典とかに使おうかなとも思ってます。

 

なのでホントに消すと思うので、今のうちに僕の過去の記事を読み直しておいてください。
消す消す詐欺をやっている人はよくいますが、僕は言ったら本当に消しますから(笑)

評判が著しく高いやつだけ残すという感じにしようかと思ってます。

「コレは残して!!」
というのがあったらメールいただければ参考にさせていただこうと思います。

みなさんのお力をお借りして、整備しようと思うので是非お願いします。

shin

 

コメントを残す