無一文の時、行動ができないグータラな自分にかけた言葉。

 

 

ども。shinです。
いつも口うるさく「行動が全てだ」なんてことを言っている僕も
最初は全然行動できませんでした。

せどりを始めたころは情報商材などで情報は得ていたものの、
不安からか一歩踏み出すまでにかなり時間かかったのを覚えています。

 

この経験をしてからわかったことは、「やってみれば意外とできちゃう」ということ。
不安があったのは最初だけだったし、難しいことはなにもありませんでした。

 

やはりなんでもやったことがない、経験したことがないことというのは緊張しますよね。
振り返ってみると、何をウジウジしてんだろなんて思うんですけどね。(笑)

 

もし、今まだ行動できていないという人は今すぐ行動してください。
多少の不安はつきものなので、色んなを考える前にさっさとやってしまってください。

後で絶対言いますから。「なんだ。余裕じゃん。」ってね。

 

一生サラリーマンするか、少し無理して未来の自由を創るか

 

 

一度仕入れて出品した後はもう、次からスムーズにできるということがわかると思います。
その中でサラリーマンをしながらせどりをしている方に少々アドバイスを。

僕のクライアントにも結構副業でせどりをしている人がいます。
そこでよくくるのがコレ。

 

「モチベーションが上がりません」
「時間がなくて・・・」
「疲れているので・・・」

 

こういう人たちに決まって必ず言うことがあります。

 

 

 

「ウン。わかるわかる。
たしかに時間も人よりはないと思うし、疲れているとも思います。

もしかしたら想像を絶するキツさの可能性もあるので、
安易に無理してでもやりなさいとは言えません。

やるかやらないかはあなた次第です。

 

2つ選択肢があります。この2つを天秤にかけてみてください。
一生辛い仕事をして暮らすか、
少し無理して理想のライフスタイルを創るか。

1週間せどりしなくていいので家でじっくり考えてみてください。」

 

 

実はこれほとんどコピペです。(これ送られてきた人は衝撃だと思うけど)
あまりにも同じことを言われるのでメモ帳に残してあります。

このメッセージを送ると100%
「心に響きました。これから頑張ります」というメッセージが返ってきます。

これは僕がまだ全然稼げてないときにグータラの自分に向けていったことです。

 

「別に無理してやる必要ないよ。でもこのままでいいの?」ってね。
何か変えたいから始めたわけで、疲れただの、時間がないだの言ってるんだったら
最初からやらないほうが良いじゃん。最初から寝てた方がマシだよ。

まあこんな感じで自分を鼓舞していたんです。

 

僕はいつも思うんだけど、
現実をみてこういう風に自分と対話するという行為は必要なスキルだと思ってます。

これは僕の予想ですけど、行動できる人、
つまり成功している人は必ず自分と対話してると思います。

 

人間って本来グータラな生き物ですからできれば寝てたいんですよ。
でもそれじゃ何も変わらない。

 

だからやらなきゃいけない。

 

「やると決めたんだったらとことんやりましょうよ。」
この意思が固まってから僕は行動できるようになりました。

 

こんなの当たり前なんですけどね。
でも意外とみんなできなかったりするんですよ。

一日5分でもいいから自分と対話する時間は取ったほうが良いです。
対話することで本質が見えてきますから。

 

 

 

コメントを残す