最大の資産というのを考え、認識し、それを最大限活用する方法

 

ども。shinです。
今回は最大の資産を最大限活用しようぜ!というお話をしたいと思います。

今回はすこし難しい話になるかもしれません。
でも、「これからの行動を考え直す良い機会」だと思って
是非最後まで読んでほしいなという風に思います。

 

 

あなたにとって重要なもの、大切なものはなんですか?

 

家族、友達、お金…

 

大事なものはいろいろありますよね。
では「人間の最大の資産」というのはなんでしょうか。

3分ほど時間を取って自分で考えてみてください。
自分にとって一番何が大切であるかを考えてみてください。

何か1つに考えを絞れたら下の記事を読んでいってください。

 

 

 

 

 

 

人それぞれ大切なものや、優先順位は違いますが、
誰一人かけることなく同じなのは、最大の資産は“時間”であるということです。

「人生=時間」ですから、これが最大の資産ではないという人はいないでしょう。

 

時間は誰にでも平等に同じ速さで流れていきます。

最近では「一日」という概念に憑りつかれて、
寝て起きたら時間がリセットされると思っている人も多いみたいです。
そうじゃないんだよーってことを再認識する必要があります。

 

この時間をどう使うかで未来は創られ、
意識的に自分をコントロールすることによって理想は実現していきます。

難しく聞こえるかもしれませんが、全然難しいことは言っていません。
ただ、「これからの時間の使い方次第で未来は大きく変わってくるよね」ってことを言いたいのです。

 

そこで、無意識レベルの行動を疑わなければいけません。
無意識に行動しているということは非常に恐怖で、
僕はその間僕でなくなると思っています。

 

無意識というのはロボットと同じで、そこには意思がない。
朝めざましのピピピピッという音で起きて、頭を掻きながらフラーっと起きて、
カーテンを開け、洗面所に向かい、顔を洗って、歯を磨く。

そしてコーヒーを飲み、朝食を済ませ、時間になったら歩いて駅に行き電車に乗り、
いつもの景色を眺めながら最寄り駅まで時間を潰す。

 

そして会社につきやっと一日が始まる。

 

もっと危険なのは会社でも無意識でルーティンワークすることです。
同じ作業を淡々とこなして、定時になったら帰宅する。

これははたして正常なのかということを疑う必要があります。
僕たち人間はロボットではないです。

 

意識があり、行動をコントロールすることができます。

 

この無意識の時間をどれだけ減らして意識的に自分をコントロールできるかで、
物事の成功率というのはドーンと跳ね上がります。

 

社会の常識に流されていないかどうか。

 

社会の常識に流されていると自分が誰かの言葉や行動に体を反応させるだけで、
何が大事なのか何が大事じゃないのかが見えなくなります。
優先順位が付けられなくなるということですね。

優先順位が付けれなくなると、
何の時間が自分にとって一番大切なのかが分からなくなります。

 

そして分からないまま過ごしていると、無意識に大切にしていた生活を壊してしまったり、
一番大切にしている時間を削ってしまったりしてしまいます。

 

時間に対する考え方が変わってくると、
自分の時間に対する価値がわかってくると思います。

自分に問いかけてみてください。

 

あなたにとって一番大切な時間は何でしょう。
誰といるときが一番楽しいですか?
何をしているときが一番満たされますか?

なにが自分にとって重要なのかをしっかりと把握していく必要があります。

 

例えば自分の娘と一緒に遊んでいる時間が一番大切であると仮定しましょう。
その大切な時間を1時間900円で売ることはできますか?

あなたが友達と楽しく話している時間、もしくは一番情熱を注げる時間を、
数百円、数千円で売ることはできるでしょうか。

僕にはできません。
僕の時間の価値はそんなものではないからです。

 

ですが、世の中のほとんどの人はそれを疑おうともせず、
みんながやっているからそれが当たり前だろうと、喜んで時給900円で働いてくれるのです。

1日900円×8時間=7200円

誰もそれについて指摘してくれなかったら。
「よっしゃ!7200円稼いでやったぜ!」って思ってしまう。
人生というのは時間だし、その時間をどう使うかで驚くほど人生の充実度が変わってきます。

 

1日の3分の1の貴重な時間を7200円で売っているということに対して疑う必要があります。
そしてそれは本当に合理的なのかと。

 

こんな偉そうに語っている僕も最初はそうでした。1時間の価値など考えもせず、
一日7200円もらって「これで友達と遊びに行けるぜ!」と大喜びしていました。(笑)

でもこのマインド、考え方に触れることによって、
それは正常じゃないと思うようになり思考が変わり、行動が変わりました。

 

勘違いしてほしくないのが、会社でもバイトでもそうですが、

“それ”に対してとてもやりがいを感じるとか、
成長や自己実現のために勤めているというのなら話は変わってきます。

 

自分でよく考えた上でそういう行動をしているのなら全然OKです。

僕は、「みんなが言っているからそうだろう」という考えが、
「危険極まりない」ということ言っているだけなのです。

 

僕が最近これを強く感じた例として挙げると、
サービス残業なるものです。

 

本気でバカじゃねぇのって思います。

 

「いやいやそれが普通だから」「残業代貰えるホワイトな会社のほうが少ないから。」
こんなことを言う人がいますが、マジで洗脳されてるなって思います。

「無料サービスとか普通にありえないし。」

働いた分だけお金を貰うというのが最低限のルールじゃないですか。
そのルールが守られない時点でその会社は終わってるでしょう。
そんなとこで働く意味がないと思います。

 

当然みんな頭では思ってるはずなんですよ。
「なんで私がサービス残業なんかしなきゃいけないんだよ」ってね。

その場の断れない雰囲気とかもあるんでしょう。
だからみんな頑張って無料で仕事をする。

 

でも、ホントは頑張る必要なんかなくて、
働いた分のお金を払わない会社なんてきっぱり辞めちゃえばいいんですよ。

そんな会社は終わってますから。
会社のために頑張ってくれた人たちに
お礼をしない会社なんて絶対大した会社じゃない。

上手くいくわけがないんですから。

 

辞めた後で「ゆとり世代は~」とか「根性なし」とか言われても別に関係ないですから。
僕だったら絶対サヨナラしますね。

 

 

 

ま、このように(笑)
「常識っておかしいこともたくさんあるよ」ということですよ。

やりがいもない。成長も大してできないのに、
「そこで仕事をし続けるというのはどうなんだ?」
というのを考える必要があるということです。

 

ほんとにビックリするぐらいこういう人が多い。
我慢して我慢して、うつ病になる人もいるくらいです。

そんなに嫌ならササッと転職したらいい。

給料はいいけどそれ以外のメリットのない仕事をするより、
転職して給料はたいして良くないけど、
自分の好きなことをやったほうが良いと思うんですよ。

 

そのほうが毎日楽しいだろうし、やりがいもあるでしょうからね。

 

一日のスケジュールを見直してみる。

 

あなたの普段のスケジュールを書いてみてください。
自分でもびっくりする結果が見れるかもしれません。

 

夜は何時に寝て、朝は何時に起きるのか。睡眠時間は何時間なのか。

起きてから自分はどんな行動をしているのか、イスに座ってボーっとしているのか、
すぐに洗面所に行って顔洗ったり、歯を磨いたりするのか。

朝食はどれくらい時間をかけるのか。

 

通勤時間は何分で何を考えているのか。ボケーっとしているのか、寝ているのか、
会社いくのだりいなーとか思っているのか。

会社についたら何をするのか。
など、その時何を考えどう行動しているのか。

 

自分の一日のスケジュールを厳密に書いてみてください。
そしてそれは本当に合理的なのかを考えてみてください。

今自分が正しいと思っていること、当たり前だと思っていることは、
過去の自分が作った幻想であることがあります。

 

習慣によって潜在意識に刷り込まれた非効率なものである可能性があります。

 

例えば、一日8時間寝ないといけないというのは幻想で、
別に睡眠は最低3時間でいいんです。

入眠して3時間はノンレム睡眠という深い眠りで脳も体も休ませている状態で、
ストレスを消去したり、ホルモンの分泌をしている割合が多いため、
体の疲れを効率的にとるために必要な最低限の睡眠なのです。

 

もちろん「みんな!これからは3時間睡眠しようぜ!」と言っているのではなくて、
ただ「7時間も8時間も寝る必要はない」という話です。
(成長期などはまた別ですが)

 

睡眠時間はあなたが「すっきり起きれるな!」という時間に設定するといいです。
すっきり起きやすい時間は約90分刻みで、

3時間、4時間30分、6時間、7時間30分など。

 

これはこの90分刻みの時間が眠りの浅いレム睡眠の時間帯であるといわれているため、
すっきり起きられる時間であると考えられています。

僕自身も実践してみたところ、4時間30分でとてもすっきり起きることができました。
「なんだこれは~!?」ってくらいとてもすっきりと笑)

 

疲れているときは6時間睡眠に切り替えたりしますが、
このへんはご自分でコントロールしてください。

もちろんここに書かれているのは平均的にこの時間というのであって、
必ずしも90分刻みの睡眠があなたに適しているとは言えません。

毎日睡眠時間は確保しなければいけないので、自分で実験してみて、
疲れが取れてすっきり起きれる睡眠時間は何時間なのかな~というのを考えてみてください。

 

「おいおい、話が脱線してるんじゃないのか?」と思うかもしれませんが、
そうではありません。

これは貴重な時間を使って得た知識です。
これを知っているか知っていないかでは、
「これからの自分の時間が増減するんですよ!」ということです。

時間が増えればまた新しい知識を増やして、
最高のパフォーマンスができるようになるのです。

 

まとめ

 

無意識の時間をなくして、意識的にコントロールすること。
周りの反応などに動かされるのではなく、自分で考え行動することが大事です。

無意識の時間を効率よく使う手段として例を挙げると、
電車を乗っているときに記事を読んだりとか、本を読んだりとかする。

 

「満員電車でそんなことできねぇよ!」って人は教材の音声を聞いたりとかね。
意識的に行動すれば、その状況に応じて臨機応変に対応できます。

 

仕事中も無意識にやるのではなくて、「これを何かに活用できないか」とか、
「これはこうしたほうがいいのではないか」など考えることはいくらでもあります。

作業が単純化していて「考えることなんかないよ」って人は、
昨日学んだことを頭の中で復習したりもできますよね。
復習することによって記憶は深くなります。

これらができれば時間をコントロールしていると言えます。

 

そして、社会の常識にとらわれすぎていないか。
社会の常識は常識でそれはいいんだけれども、自分で疑う必要があります。

「社会の常識は本当に大切なものなのか」「本当にそれが正しいのか」
「これは本当に自分のためになるのか」など、

自分の力で考え、自分で未来を決めていく必要があります。

 

例えば、僕たちはお金についての教育を受けてきませんでした。
「お金を稼ぐにはどうしたらいいか」という選択肢は、たった1つしか教えられていません。

その1つというのは、ご存知の通り従業員として働くこと。
時間を売ってその対価としてお金をもらう事です。

「これを続けて未来はどうなるだろう」「本当にこれでいいのだろうか」
と疑う人は一握りの人間です。

 

あなたはこの記事を読んでいる時点でその一握りの人間ですが、
その他の人はそれが当たり前であり、それが一番賢い稼ぎ方だと思っているのです。

あなたはどうでしょう。どう考え、どう行動していきますか?

 

これはあなた次第です。
自分の力で稼げる能力を付けるなら、
時間をうまく使ってその能力を高めていってください。

 

そして、「一日のスケジュールを見直してみる」ですが、

スケジュール書いてみて、
一日の中で無駄な時間がどれだけあるのかが十分わかったと思います。

その時間を知識に投資することができれば、
自分の可能性を広げることができます。

 

僕たちはお金を稼ぐ方法を1つしか教えてもらってないので、
可能性がほとんどありません。

当たり前ですよね、無知なのですから、
どうやってお金を生み出せばいいのかが分からないわけです。

 

でもそれは今から学んでいけば分かるようになります。
可能性は無限大であることがすぐにわかると思います。

要は時間をどれだけ知識に投資できるかが勝負です。

 

無駄な時間を無意識な時間をどれだけ有効活用できるか。
これができるかどうかで未来は変わります。

理想のライフスタイルを創造するのはあなた自身です。
他人に反応するだけでは永遠に時間を売るしか生きていく術がありません。

 

僕たちは意識して行動することができます。
自分をコントロールできます。

意識的にコントロールして可能性を広げていってください。

 

 

こんなになっがい文章を読んでいただいてありがとうございます。
たぶんここまで一字一句飛ばさずに読んでくれた人なんて1割もいないんじゃないかな。

今までの行動を見返すいい機会になると思うので、
是非この機会を生かしてほしいなと思います。

僕も最初はこういうところから始めました。

 

理想を夢見るのはいいけど、実現するには現実も見ないといけませんからね。
理想と現実のギャップがモチベーションを生んでくれます。

理想も現実も明確にしなければ効果はありません。
これら2つのことが明確になって初めて行動ができるようになります。

これらも合わせて考えてもらえたらなと思います。

 

 

では、今回はこの辺で!

 

 

PS.

厳密に自分のスケジュールを書いてみてくださいといいましたが、
まあ本当に書く人は極々わずかでしょう。

9割以上書かないと思います。真剣に書く人はほんの数人でしょう。

 

でも、これは書いた人にしか分からないことですが、
本当にこれからの生き方や考え方がガラッと変わります。

未来を変えるにはまず考え方から変えなければいけません。
行動を司るのは外的ではなく、内的なものだからです。

 

これからの時間の使い方をより良くするために重要なワークとなるので、
本気で変わりたいという人はぜひやってみてください。

 

 

コメントを残す