武井壮のオトナの教育がヤバい!

 

 

ども。shinです。
先ほど武井壮さんの「大人の教育」という動画を見つけて食い入るように見てました。
夜中の3時なのに何やってんだって話ですが、まぁ面白いので是非見てみてください。

 

 

 

僕この人ホント大好きなんですよね。(笑)
人一倍・・・いや十倍くらい考えていて、その考えをもとに行動できる行動力とか、
ま、人間性もそうなんですけど、僕が尊敬している人の一人です。

 

ここで彼のプロフィールを少し。

武井壮さんは42歳で、2015年まで陸上競技の記録保持者です。

身体能力はご存知の通りで、「体の動かし方」を知っていれば、
どんなスポーツでも“見るだけでマネできる”という自分の考えを打ち出して、
その通りに実現している変態です。(笑)

 

僕もスポーツをやっていたので、自分なりの練習法というのはやっていたのですが、
「体の動かし方」なんて考えたこともありませんでしたね。

彼の練習法を日本のベーシックにする事が出来れば、
世界で活躍する選手が激増するのではないかという風に思っています。

 

 

ま、そんなことはいいとして本題に行きましょうか。

 

 

彼はこのスピーチで、“ギャンブル要素をなくそうぜ”ということを言っているわけです。
この動画で、「スポーツはギャンブルだ」ということを言っていますが、それはなぜかというと、

“正しい体の動かし方”も知らず、そのスポーツが“社会的・経済的に価値があるかどうか”を
知らずにスポーツをしているからです。

 

これをビジネスに言い換えると、

「体の動かし方 ⇒ ブランディング・コピーライティング」
正しく自分(商品)を認識してもらうことだったり、魅力に気付いてもらう事。

「社会的・経済的に価値があるかどうか ⇒ マーケットリサーチ」
「この商品はほんとにみんなが求めているの?」というところを知るためのリサーチ。

 

ビジネスの世界では当たり前のようにできていることが、
彼は「スポーツの世界では全然できてないよね。このままじゃヤバいよねってことを言っているわけです。」

 

ビジネスだったら間違えなく、商品を作る前に市場をリサーチしますよね。
自分が作ろうとしている商品ははたして本当に価値があるものなのか。
みんなが欲しがっている物なのかというところをあらかじめ調べるわけです。

 

それをクリアしたら今度は、ブランディングやコピーライティングを駆使して、
商品のPRからセールスまでしていくわけです。

 

そこまでして始めて商品は売れますよね。

 

でも今のスポーツ界の現状は、そのスポーツ(ビジネスでいう商品)が
社会的価値・経済的価値を生むか知らず、正しい体の動かし方も知らないで世界と競っていると。

 

そりゃギャンブルだぜ。

 

武井さんは自らの人生で経験して、その恐ろしさを体験したそうです。
動画を見てもらった方はわかると思いますが、現役時代陸上競技でチャンピオンになった時、
みんなからチヤホヤされて、莫大なお金を稼げると思っていたけど、現実は違った。

 

陸上競技を見て喜んでくれる人の数が、破滅的に少なかったんです。

 

そこで彼は気付きました。
どれだけ素晴らしいプレイをしても、
そのプレイを見て喜んでくれる人の数がいないと何の価値ももたらさないのだと。

 

 

そこから色々なことを勉強して、様々な知識を付けたそうです。

武井さんは子供ができたら、高校はインドに行かせると動画で言っていました。
理由はインドは数学が世界でも上位クラスに発達していて、シリコンバレーに行くとエンジニア
にほとんどインド人が採用されるくらい、優秀な能力が身に着けられるからだと。

 

そこで高校卒業までに自分でビジネスを始められるくらいの技術を身に着けさせたいのだそうです。
これは最悪スポーツで失敗したときの保険ですよね。
「ギャンブルにならないようにしっかりとした稼ぐ知識をつけさせる。」

これが生きていく上で一番重要なスキルだということをわかっているわけです。
そして勉強させると同時にクリケットをさせると言ってましたね。

 

ちなみにクリケットって知ってますか?

僕は全然知らなくて、聞いたことある程度だったんですが、調べてみると、
”ちょっと変わった野球”みたいなものらしいです。

 

そして驚くことにこのクリケットという競技は世界で2番目に競技人口が多いそうです。

特にインドでは国技となっているようで、クリケットの世界大会では、
視聴率が80%越えすることも多々あるとか。
目が飛び出るくらいの数字ですよね。(笑)

 

最近で一番視聴率を出した番組は僕の知る限り半沢直樹ですね。
それでも42%ですから、インドのクリケット人気は半端じゃないことがわかります。

 

インドの人口は12億人なので、12億人の80%がクリケットの放送を見ると。
さっきの話でいう、“喜んでくれる人の数”が圧倒的に多いことから
クリケットのTOP選手の年俸は27億円だそうです。

 

これらの理由から武井さんはクリケットをやらせると武井さんは言っているのです。

 

というか武井さん今からビジネスの世界に入っても普通に稼げますよね。(笑)
彼のこのインドの話は「商品を売る」のと同じことですよね。

ニーズが多いスポーツ(商品)をする(売る)
全く同じです。

 

というか、彼の知識を動画にしてスポーツ界に売り込んだら、
半端ない売上を出せると思うんですけど。(笑)

めちゃくちゃうまい授業をする人の動画を塾で売るのと同じように、
武井さんのノウハウを売ったらもうヤバいことになりますよね。

 

塾の話ですけど、
そこそこうまい人の授業を目の前で教えてもらうのと、
めちゃくちゃうまい人の授業を動画で何回も見るのとでは、間違えなく後者が良いと思うんですよ。

僕だったら、多少高くても後者の動画を買います。

 

だって一度買ったらその動画を何回も見れるので復習できるじゃないですか。
だったらもう、“その人だけ”でいいわけです。

 

これからはどんどんこういう社会になっていくと思いますよ。

 

特に武井さんは塾の講師とかと違って、知名度もスポーツの地位も確立しているので、
彼のノウハウを売り込んだら間違えなく売れるでしょう。

僕が現役だったら彼の情報欲しいですもん。(笑)
理に適っているノウハウだと思いますからね。

 

 

まぁこんな感じで、いろんな分野にでもマーケティングの知識は必要不可欠だよねということです。

 

武井さんはテレビという最大の媒体を通して、喜んでくれる人の数、興味を持ってくれる人を
増やしたことによって、40歳以上の世界陸上で優勝したその1時間後ヤフーニュースの
TOPを飾ったそうです。

一番凄かった現役当時からタイムが遅くなっているのにも関わらずです。

 

彼は自分の価値を高めることで、当時見向きもしてくれなかった人たちが振り向いてくれたのです。
武井さんだから、自分の価値を高めたからトップを飾れたのです。

 

 

ま、こんな感じのおはなしでした。
この人めちゃくちゃ話上手くないですか?(笑)

すげーなって率直に思いました。
努力したんだろうなぁ・・・って思うと涙が出てきますね。

 

この動画を見てくれた人はわかったと思いますけど、
この人は天才なわけじゃなくて、人の10倍努力する人です。

 

「毎日1時間しかトレーニングしてないじゃないか!」

 

違うんですよ。
それ以外のところで人の10倍努力しているんです。

“考えている”んですよ。人の10倍ね。

だから武井さんの5倍トレーニングしている人にも勝てるし、
一回り体が大きい人よりも強いわけです。

 

彼の他の動画を見てもらえれば彼のことをよく知る事が出来ますが、
全てのことにおいて、原理原則を学んでいるように思えます。

本質を理解しているということですね。

 

それが彼の最大の強みであり、僕が尊敬しているところでもあります。
ホント、すっごい人なんですよ。(笑)

一日45分しか寝ないとかね。
ホントかどうかわからないけど。(笑)

 

彼の睡眠45分説の動画もYoutubeにあるので、ぜひ見てみてください。

 

 

 

ちょっと長くなってしまいましたが、
今日はこんな感じで!

 

ではでは。

 

 

 

コメントを残す