DRMで一億稼ぐ仕組みをつくろう

ダイレクトレスポンスマーケティング



 

DRMってなに?

 

DRMとはダイレクトレスポンスマーケティングの略で、
現時点ではネットビジネスで最も有効なマーケティング手法といわれています。

間違えなく、ネットビジネスで100万以上を目指したい人は“必須のスキル”と言えます。

 

このDRMは100年以上前にアメリカで生まれたマーケティング手法です。

当時の優秀なセールスマン達がどうしたらスムーズに商品を売る事が出来るかというのを考え、
膨大なデータを考察し、実験し続けた結果、最も効果的に商品を売る事が出来る方法がわかりました。

それが“ダイレクトレスポンスマーケティング”[DRM]です。

 

 

DRMの基礎知識

 

「うん、ものすごい手法だというのはわかったけど、具体的にどうゆう手法なの?」

具体的に言うと、
このDRMは“個人が物を売るために一番適したマーケティング”
です。

顧客からのレスポンス(反応)を直に受け取ることで、
彼らが欲しているサービスを提供する事が出来ます。

 

メルマガでDRMを活用している人は本当にたくさんいますが、
メールによってコミュニケーションをとってレスポンスを受けているのです。

「こういうサービスを作ろうと思っているんだけどどうかな」といえば、
読者からすぐに反応が来ます。

その反応次第で臨機応変に対応できるわけですから、
非常に効率の良いセールスが出来ます。

 

 

DRMを活用したらどうなるか

 

DRMを活用しない手はありません。
なぜなら「あなたが生涯いくら稼ぐか」に直結するからです。

このDRMによってたった一人でも当たり前のように数百万稼ぐことが可能になるのです。
現にネットビジネスをやっている人で数千万稼ぐ人もいます。
中には一億稼ぐ人も。

DRMを深く理解すれば、100万円稼ぐことなど簡単なのです。

 

そして大きいメリットとして、DRMを活用すれば、
赤字になることはまずありません。

個人でやるならなおさらですが、お客さんの反応で臨機応変に対応できるわけですから、
顧客が欲しがっているサービスを提供し続ける事が出来ます。

なので、よっぽどのことがない限り「売れない」という”最悪の結末”は回避することができます。
費用対効果がとてつもなく良いということですね。

 

 

 

基本的なDRMの流れ

 

 

以下の3原則に従ってビジネスを組み立てることによって圧倒的な利益を出す事が出来ます



 

この「シンプルだけど最強な3原則」を忠実に守り、
活用することで、爆発的な利益を創出することができます。

先ほども言った通り、
このシンプルな法則はたくさんのセールスマンの検証の末誕生したものです。
このDRMは売るために必要なスキルがギュッと凝縮されているということです。

 

ここで簡単に3原則の解説をしていきましょう

集客

 

モノを売るにはまずお客さんが必要ですよね。
なのでまずは人を集めることから始めます。

具体的に集める方法としては、主にSNSやSEOからですね。
TwitterやFacebookで情報発信をして、あなたの媒体に来てもらう。

人が来なければビジネスになりませんから、最初はここに全力で取り掛かりましょう。

 

 

教育

 

教育という言葉はちょっと語弊があるかと思うんですが、
「信頼関係を築く」といったほうがニュアンス的にはあっているかと思います。

“信頼してもらう”ということが大事です。

ここがDRMのキモとなるところです。
教育の段階で、あなたの商品が“欲しくてたまらない”という状態にしなければいけません。

 

もちろん強制的に心理を誘導するのではなく、正しく導いていく。
“気付かせてあげる”というほうが良いですかね。

「あなたは今こういう状況ですよね」
「理想の状況になるにはこうしなければいけませんよね」
「そのためにはこうしたほうが一番良い道ですよ」

言葉にするとめちゃくちゃ胡散臭いですが、簡単に言えばこんな感じです。

このステップでは、自己紹介からセールスの手前までのすべてのことをやります。

 

 

販売

 

教育の段階でもう「欲しい!」という状況になっているので、
差し出すだけで爆発的に売れていきます。

簡単な商品の説明だけで売れるということですね。

 

言ってしまえば、教育のところでセールスは8割終わっています。
後の2割はちゃんと正しく説明して、差し出してあげる事。

これが大事になってきます。

 

教育がしっかりできていれば、短時間で数百万円を稼ぐことが可能になります。

 

 

シンプルな三原則ですが奥が深いということが分かったと思います。
特に”教育”の部分ですね。

教育のところでどれだけ売れるかが決まります。
どれだけわかりやすく導けるかというのが大事になってきます。

 

 

そもそもマーケティングってなに?

 

マーケティングの定義についてはマーケッターがいろんなことを言っていますが、
僕はP.F.ドラッガーの「マーケティングとは商品が勝手に売れるようにすること」
これが一番しっくりきます。

商品が欲しいであろう人を集めて、正しく商品の魅力を伝えて、
手に取りやすい場所で販売する。

ウィキペディアでみると、「物を売る総称」と書いてありますが、
その通りで、「物を売るためにする全てのこと」ということですね。

 

コピーライティングやセールス、
広告からなにから全てを含めてマーケティングです。

 

 

終わりに

 

同じ情報発信でも1万円しか稼げない人、100万円稼ぐ人、1億稼ぐ人といますが、
これはDRMをどれだけ上手く活用できているかの差であるといっていいでしょう。

個人でビジネスをするのにDRMを活用しないというのは論外です。
先ほども言いましたが、これは生涯あなたが稼ぐ額に必ず“直結”します。

「これから情報発信をするよ~」って人や、「現在進行形でしてる」という人は、
必ずDRMの知識をつけてくださいね。

 

PS.

DRM⇒ダイレクトレスポンスマーケティング
ですよ。

質問がいくつか来たので一応ね(笑)

 

 

コメントを残す