ノジマ店員と90分に及ぶバトルした話。

ノジマ店員と90分に及ぶバトルをした話

 

 

ども。shinです。
この前急にテレビが欲しくなったので、テレビを買いに行ってきました。
(今までもってませんでした笑)

で、SONYの40型とブルーレイレコーダーを合わせて8万で買ってきました。
当然、”表示価格”で買ってくるはずもなく、
ノジマ店員と約90分に及ぶバトルを繰り広げました。(笑)

 

僕が買ったのは型落ちのテレビで新型の4Kとかではなく、フツーのテレビ。
SONYが一番画質が良いと勝手に僕は思ってるので、SONYにしました。

テレビだけではなくて、どうせならブルーレイもみたいということで、
一緒に買うことに。

 

さあ、ここからが本番だ。
表示価格が、テレビ、ブルーレイ合わせて10万位だったので、僕は、

 

これ70000円でください。

といいました。

 

「いやいや無理あるでしょwww」
ってみんな言うと思うんですが、僕が買おうとしたのは型落ちだし、
あと2つくらいしか残ってなかったんです。

店側としたら何としてでも売りたいでしょう。
ブルーレイのやつもネットで調べたらかなり安めだったし。

 

だから、70000円くらいでしょ!
って思ったわけです。

で、僕を担当してくれた店員は僕と同じくらい(20前半)くらいの男性で、
結構ナヨっとした人だった。(気の弱そうな感じ。)

そんな人に僕が「70000円でください!」って言ったもんだから目が点になって、
「しょ、少々お待ちください・・・確認してきます。」と言い、走っていった。

 

すると、明らかに気の強そうなベテランのおばちゃんが出てきて、
この商品が如何に良いものかの説明をしてきた。

「他社の商品と比べて○○が優れてるんですよ!」
「新しめのテレビと比べても遜色ないほどの機能です!」

みたいなことを言ってきて、
なんとか表示価格で買ってください!と言わんばかりの説得が始まったのです。

 

当然僕はビジネス経験があるし、売り文句も人よりは知ってるので、そんなんじゃ折れない。
「いーや70000円だね!」ってね(笑)

「あと2つってことは店側も売りたいでしょう?新しいのが出てきてる中で古いのなんかみんな欲しくないよ。しかもネットで調べたらここよりも格安だし、ブルーレイなんか3000円くらい安いじゃないですか。」

みたいな感じで。

 

こっからあーでもない、こーでもないと10分くらい口論していたら、
ついにベテラン店員が切り札を切ってきた。

 

「実はこの商品、現価格よりも値引きしているんですよ。」
と値段が書いてある紙をペラっとめくった。
そこには表示価格よりも15000円ほど高く書かれていた。

あぁ、多分みんなここで折れるんだろうな。
って思いましたね。

 

でも僕は折れない。
「値引きするのは当然でしょう。だって型落ちなわけなんだから。」
と切り札をズバッと切った。

これは当たり前の話で、新型が出れば当然みんなそっちに目が行くでしょう。
そうなれば型落ちは当然価値が下がるわけだから比例して値段も下げていかないとお話にならない。

 

おそらく、彼女はここで折れると思ったんでしょう。
みんなここで刺されてると思うからね。

自信満々にドヤ顔で「みたか!」みたいな感じで見せてきたから(笑)

さすがのベテランも「あっこいつはもう何言ってもダメだ」と思ったみたいで、
「では、もう一度確認してきます」と走っていった。

 

で、帰ってきたら8万ちょいくらいの値段を提示してきたので、
僕が「うーん…」と考えていると、「ホントにこれ以上は下げられないです!」と言われ、
「じゃあ端数切って!」と言い、8万ピッタリで購入することになりました。

「え、結局折れたのかよ!」って思うかもしれないけど、
僕としては、1万位値下げしてくれればOKだった。

 

こういうと、「1万円値下げしてくれればよかったんなら8万円でくださいって最初から言えば良かったじゃん。」
という考えになると思うんだけど、実はこれは間違えで、最初に明らかに無理な値段を提示することで、
相手に「8万円でもいいか。」という意識が芽生えたんです。

僕が最初から「8万円でください!」って言ってればもっと高い値段を提示されていただろうと思う。

 

相手側もできれば高利益を取りたいからなるべく高く売りたい。
だから相手側は普通よりも高めのものをあらかじめ提示しておき、
その上からこのくらいで売りたいと思う本当の価格を書く。

それで客に「めちゃくちゃ安くなってる!」と思わせる“演出”をしている。

 

たまに値切るのは相手側に失礼だっていう人がいるけど、
それはただあなたが人が良いだけ。
ちょっと悪い言い方をすれば騙されてるだけです。

 

こういうことって当たり前のようにどの業界でもされてることだから、
そういう目を養わないと、かなり生きにくくなる。

化粧品とか利益90%くらいだからね。
それを知らずにみんな喜んで表示価格で買ってくれる。

いい人たちだよね。ほんと。

 

で、僕が言いたかったのは「これからはどんどん値切っていこうぜ!」という事ではなくて(笑)、
日常でも学ぶべきことはたくさんあるよねってことです。

常にアンテナを張っておくことでいろんなことに気が付く事が出来ます。
フワフワしてたものが鮮明に見えるようになるということですね。

そうなればこの世界どんどん生きやすくなるし、面白くもなってくる。
ノジマでこれだけのことを学べたわけだからいろんなところで聞き耳を立ててるといいですね。

 

長くなりましたが、今回はこの辺で!

コメントを残す