情報商材のメリット、デメリット

てんびん

 

 

今回は、「情報商材のメリットデメリットについてお話していきたいと思います。

 

どうやら情報商材にはブラックなイメージがあるらしく、
「情報商材=詐欺」という風に思っている人も多いみたいです。

もちろん、詐欺のモノもあるでしょうが2016年現在は限りなくゼロに近いです。

無論、「質」の問題は今でもありますが、
前のように「初心者でも100万円稼げる方法を教えます」というレターで
中身が「アフィリエイトをしましょう」で終わるようなものはなくなったということですね。

 

今回は情報商材についての疑問不安を払拭するべく、
情報商材のメリット、デメリットをお伝えしようと思いました。

この記事を最後まで読んでいただけたら、
情報商材がいかに魅力的であるかというのがお分かりいただけると思います。

 

※今回は商品別のレビューではなく、

情報商材の解説です。

 

では早速!
情報商材のメリットというのを紹介して行きます。

 

情報商材のメリット

  • ジャンルに特化した質の濃いノウハウが得られる
  • バージョンアップされることがある
  • テンプレート、ツールなどが特典でつく場合がある
  • ファイルさえ送れば、スマホで見ることも可能
  • 販売者から購入者通信をもらえることがある
  • 丁寧なサポート、返金保証がついている場合がある
  • 普段では知りえない、非常に濃いノウハウが手に入ることがある

 

 

情報商材というのは誰でも簡単に作れるという点から甘く見られがちですが、
普通に過ごしていては知りえない「非常に質の濃いノウハウを」得られることが多いです。

これは少し考えてみると当たり前で、
質の悪い物を販売したとしても誰も買いませんよね?

「この情報は非常に価値がある!」と思うからこそ、
その情報を販売しているのです。
(さきほども言った通り、全てが良いものというわけではないですが・・・)

 

 

さて、今度はデメリットの方を紹介していきましょうか。
メリットもあれば当然デメリットもありますからね。

パッと思いついたものを紹介しますね。

 

情報商材のデメリット

  • 購入するまで中身を確認できない
  • 書籍に比べると値段が高め(1教材につき1万円以上のものがほとんど)
  • ノウハウが飽和している場合がある
  • 詐欺商材も極まれに存在する
  • 販売者からはサポートされない場合が多い

 

こんなところでしょうか。

 

情報商材は何かのジャンルに特化したノウハウが詰まったものであるので、
非常に価値のある情報である場合が多いです。

僕自身もこれに救われたので、「いいモノ」にさえ出会えば
成功にグッと近づけることでしょう。

 

しかし、デメリットも目立ちますよね。
中身が確認できなかったりだとか、飽和しているものがあったり…
正直これは致命的ともいえます。

 

でもこのデメリットのほとんどは、ある存在によって解決されます。

 

それは・・・良質なアフィリエイターです。
(アフィリエイターというのはアフィリエイトをする人です。)

 

ご存知の通り、世の中に知れ渡っているアフィリエイターというのは、
少々質の悪い商品でも単価が高ければそれで良し。
自分の欲を満たすために紹介しまくります。

読者のことなんてこれっぽっちも考えてないのです。

 

はっきり言って最悪です。

 

アフィリエイターというのは正しいものを紹介して、
その商品を正しく取り組んでもらうための手助けをする役目もあると思うんですよ。

それをせずに、自分の利益しか考えない人は本当に消えたほうが良い。

 

・・・と僕は思います(笑)

 

良心的なアフィリエイターから購入するとどんなことが起こるかというと、
デメリットのほとんどが解消されます。

  • 購入するまで中身を確認できない
  • 書籍に比べると値段が高め(1教材につき1万円以上のものがほとんど)
  • ノウハウが飽和している場合がある
  • 詐欺商材も中には存在する
  • 販売者からはサポートされない場合が多い

 

簡単に解説していきましょう。

 

 中身が見れない

実際に中身を見たアフィリエイターが「これは良い物」とお墨付きをしているわけですから、
たとえあなたが中身を見れなかったとしても良質なものであるということがわかります。

紹介した人が信頼できる人であればの話ですが…

 

 値段が高い

値段が高いというのはさすがに無理ですね。(笑)
それ相応のノウハウが詰め込まれているわけですから、
これは変えようがありません。

むしろ、物にもよりますが1万円という額は安すぎると考えるべきです。

 

この点をしっかりおさえておかないと最終的に計り知れないほど損をすることになるでしょう。

なぜなら、普段は絶対に合う事が出来ない億万長者や
雲の上にいるかのような人から直接ノウハウを伝授される機会を得ることになるんですから。

 

バッグやゲームなどの“浪費”にはお金をためらわずに使うくせに、
価値ある情報にお金を使わない人が多すぎるのです。

これは非常に残念なことですよね。

“投資”ができない人はただ廃れていくか、
流れに身を任せることでしか生きていけなくなります。

 

 飽和している場合がある

こちらも、アフィリエイターが「今でも十分使える」と判断して紹介しているわけですから、
飽和の心配はありません。

わざわざ飽和している商品を紹介したりはしないでしょうからね。

 

 詐欺教材も存在する

アフィリエイターは読者さんに詐欺教材を掴ませないために
存在しているという部分もありますので、その心配はありません。

現に僕も自分から購入したもの以外で詐欺教材を買ったことはありません。
“良質なアフィリエイター”の存在で本当に良い物を教えられ、学ぶ事が出来ます。

 

 販売者からサポートされない場合がある

良質なアフィリエイターから購入すれば、
その特典として購入者通信が与えられる場合が多いです。

その購入者通信で順序を経て、正しく学ぶことができます。

 

 

 

 

ま、こんな感じで、5つ中4つが解消されましたよね。

 

実際に「自分で商品を探して買う」というのはリスクが伴うんですよ。

もちろんその商品について
十分にリサーチしているのでしたら大丈夫だと思いますが、
ほとんどの場合はセールスレターに煽られて買ってしまうというケースが多いです。

 

煽られて買ってみたものの、実際には必要ないものだったりとか、
最悪、実践の仕方が分からないなんてこともあります。

その点アフィリエイターから購入すると、しっかりサポートもつくし、
その人が実践したものが紹介されているわけですから安心というわけなんです。

 

ま、結論を言うと、「同じお金ならサポートがついてるほうが良いよね」ってことです。

販売者からただ購入するだけだと、商品しか手に入りませんが、
アフィリエイターを介してだと、商品+αが手に入るということですね。

情報商材を買うなら、信頼できるアフィリエイターに良いものを紹介してもらい、
そして、そのアフィリエイターからしっかりとしたサポートを受けましょう。

 

Title: 情報商材のメリット、デメリット Auther: shin