怪しい?!アフィってなんで儲かるの!?アフィリエイトの仕組みを図で詳しく解説!

ネットでさんざん嫌われているビジネスであるアフィリエイトですが、
アフィリエイトってなんでそんなに儲かっている人がいるのでしょうか。

月1000万稼ぐという人もいるみたいですよね。
今回はこのアフィリエイトの仕組みについてお話していこうと思います。

 

 

アフィリエイトとは

 

そもそもアフィリエイトとは何かというと、
簡単に言えば企業や個人の代わりに商品を紹介したり販売したりすることです。

例えば、美容院に行って髪を切ってもらうと友人に紹介してくれたら2000円割引しますよ!
みたいな紹介券がもらえたりしますよね。あれもアフィリエイト仕組みを活用したものです。

Amazonに売ってあるものをブログで紹介して買ってもらうのもアフィリエイト。

 

要は自分で商品を作らなくても他人の商品を売る(紹介する)ことで、
報酬を貰えるシステムのことをアフィリエイトと言います。

 

アフィリエイトの仕組み

 

まず、図を見てもらいましょうか。

 

 

一つ一つ説明していきますね。

まず図の左上にある”企業”ですが、
企業はASPというサービスに「我が社の商品を載せてください!」と依頼をします。

(ASPというのは、アフィリエイトできる色んな商品がある場所です。ここから紹介したい商品を選んでリンク(商品URL)を貰ってブログに貼ると。)

ASPにもいろんな種類があるので、
それはコチラで詳しく見てみてください。

 

で、依頼をするとASPに商品が載り、
アフィリエイター(アフィリエイトする人)が商品を紹介できるようになります。

 

例えば「A」という商品をアフィリエイターが自分のサイト(ブログ)に紹介したとしましょう。
そのWebサイトには読者がたくさんいて、そのうちの10人がサイトから「A」という商品を購入したと。

するとどうなるかというと、
10人分の報酬がアフィリエイターに支払われるということになります。

 

報酬がどのくらいもらえるかは商品によるので一概に言えません。
画像を見てもらったほうがわかりやすいと思うので画像を載せておきます。

 

成果報酬のところを見ると、Aが2000円、Bが購入額の50%とあります。
こんな感じで報酬額が決まっているので、自分が紹介したい商品を選ぶ事が出来ます。

 

仕組みとしてはこんな感じ。めちゃくちゃシンプルです。
個人(アフィリエイター)が企業にわざわざ御社の商品をアフィリエイトさせてください!とは言えないので、ASPというサービス。いわば仲介業ですよね。仲介を使ってアフィリエイトというビジネスを円滑にしているということ。

 

企業→ASP→アフィリエイター→ブログ→売れる→報酬
ま、ざっくりいうとこんな感じでしょうか。(笑)

 

仕組みは理解できたと思うので、
次は何でそんな儲かるの?って話をしていこうと思います。

 

アフィリエイトってなんでそんな儲かるの?

 

言うならば、広告を出すよりコストが全然安いからです。
企業が広告を出すとなると、数百万~数億かかったりします
(この記事に企業の広告費ランキングを載せてるので見てみてください。)
テレビ、Youtube、Amazonの仕組みを中学生でも分かるように解説してみた!

「そんなお金は出せない!他に良い方法はないのか?」
と思った企業は、
個人でブログなどの発信源持つ人たちに商品を紹介してもらいたいと考えるわけです。

その人たちに商品を紹介してもらって商品が売れた分だけ報酬を払うよ!
というのがアフィリエイトですよね。

 

企業側からしても、売れるかどうかわからない中でたっかいお金を払って広告するよりも、
売れた分だけお金を払いたいに決まってますよね。

だってそのほうが確実じゃないですか。
売れてなければ1円も払う必要がないんですから。
効率がめちゃくちゃいいわけです。

効率よく売っていきたいというのが当然の心理なので、
アフィリエイターはその広告費で浮いた分のお金を貰えるということになります。

もちろんASPが仲介業を担ってくれているので、
いくらか持っていかれますけどね。

アフィリエイトが儲かる理由は、
ビジネスモデルが優秀すぎるが故にというわけです。

 

もちろん、稼ぐ額というのは人によって違います。
売り方、紹介の仕方が上手い人は当然のように稼ぐ額は高く、
その逆は当然低くなる。

だから売るスキルを身に着けようということになるわけです。
こういうビジネスが個人で、しかも家でできるわけなので、
このスキルさえ身についてしまえば、怖い物なんてないでしょうと。

 

スキルが身に付けばこのスキルを知らない人に教えることでお金を稼ぐことだってできます。
学習塾や、短期間ダイエットを売っているRIZ〇Pと同じですよね。

コンサルティングもできるようになります。

 

まぁ~世界が広がります。
ワクワクしてきませんか?(笑)

あれ、してこない?
理由はこれかな。

「なんでこんなに優秀なビジネスなのにネットで嫌われまくってんの?なんか裏があるんじゃないの!?」

ついでにこれについても話しておきましょうか。

 

なんでアフィリエイトはネットで嫌われているのか

 

結論から言うと、アフィリエイトが嫌われているわけではなくて、
アフィリエイトをする人が嫌われているんです。

ん~正確に言うと、めちゃくちゃウソをついてたり、自作自演をしてたり、
めちゃくちゃ下手に売っている人が嫌われているということですね。

 

どういうことかというと、
まとめサイトや2chなどは毎日膨大なアクセスが来ます。

自分のサイトにこれだけの人を集めようとしたら早くても数か月かかることでしょう。
そこで、悪知恵が働いたアフィリエイターが自作自演でこんなことをしたわけです。

 

A「ここで無料でガチャ回せた!!やべぇ!こんなアイテムもらったんだけどwwwww」

B「はいはいどうせウソでしょ」

C「いやオレもやったけどこれマジだったwww」

D「僕もやったわwマジで貰えたwwww」

B「マジで??オレもやってみよ」

B「マジだったわwww(画像)」

 

 

よく見るでしょう?(笑)
少し頭のいい人だったらウソってことがわかるんですが、
中学生や高校生、またネットに疎い人とかだったら騙されてしまいます。

最初はこれで騙せてたかもしれませんが、もうやりつくされた手法なので、
ネット民は気付いているわけです。

 

なので「アフィ死ね」ということになるのです。

 

そりゃウザいですよね。
アフィリエイトしている人たちは、
全員ウソの情報で稼いでいるやつらとネット民は思っているわけですから。

でも実態はそういう人はわずかで、
そういう人が目立つからそう思われているわけなのです。

 

今までアフィリエイトを紹介してきましたが、ここまで見てきたあなたは、
アフィリエイトって普通に真っ当なビジネスということが分かったと思います。

それでも嫌われている理由はこういう自作自演の人や、
ウソをついている一部の人がいるせいなのです。

 

中学、高校の時先生にこんなことを言われたことはありませんか?
「お前らが店で悪さをしたら学校全体がそういうやつらだと思われるんだよ。」と。

まさにそういうことです。
ま、別にアフィリエイトがバカにされたりしても僕は何とも思わないので、
いいですが、周りの評判は必ずしも合っているわけではないという事だけは覚えといたほうが良いですね。

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。
アフィリエイトについて理解できましたか?

アフィリエイトするのは簡単ですが、売るまでが難しかったりします。
売るスキルを身に着けることで報酬はどんどん上がっていくので、
そのスキルを身に着けることを当面の目標にするのが良いと思います。

 

アフィリエイトは別に無料ブログでもできるので、
お試しでやりたい方は無料でブログを作って挑戦してみるのもいいでしょう。
他にもいろんな記事を書いているので、是非他の記事も読んでみてください。

 

ではでは。今回はこの辺で!

 

コメントを残す