当時数学7点バカが独自のインプット法で知識を体系化した方法

 

テーマはどんなバカでもということで、
文字通りバカでも知識を頭に入れる方法をお話ししたいなと思います。

バカという表現はちょっとあいまいで、何をもってバカというのかって感じですが、
厳密に言えば、脳の筋力、脳力がないというほうが正しいのかなと思います。

 

人間の脳って元々の差はほとんどないんですよ。
極々まれにとびぬけてすごい人はいますけど、
大概ほとんど変わらない。

ただ、どれだけ脳力を付けていたかの問題だと思います。

なので、もしあなたが「自分は生まれ持ったバカなんじゃないか」とか、
「勉強してもどうせ理解できない」とか思っているなら、
それは「努力次第で何とでもなりますよ」ということを言っておきます。

 

だって僕自身がバカだったんだからね(笑)
高校生の数学のテスト7点。物理4点・・・

 

はいバカ。いないでしょ数学7点とか。

 

しかももっと痛いのはこれがちょっとかっこいいって思ってたこと。
今となってはマジで恥ずかしいんですけどね(笑)

友達とかが横で「うわー12点かよー」とかいってるなかで、
shin!お前は何点だった?って聞かれて・・・

 

「7点」

 

クラスは爆笑に包まれるみたいなね。
笑いもとれるし、点数悪くても死にやしない。
まぁいっか!って感じだったんですよ当時。

スポーツさえやってりゃいいや!ってね。
ほんと終わってますけどね。

 

こんなどうでもいい話はおいといて本題へ。

 

頭に入れるド基本はメモを書くことですよね。
もちろん大事なことやアイデアが浮かんだときは直ぐにメモを取ってほしいなと思っています。

 

できれば手書きで。

なぜかというと、経験ある人も結構いると思うんですが
パソコンとかスマホで書いたことってなぜかなかなか覚えられないんですよね。

やっぱり脳で言語化しながら手で動かして文字を書いていくのがいいのかなと。
PCとかだと字が整いすぎているというのもあるかもしれませんね。

 

手書きだと書いた時の感情とか、
どこで書いたっけなっていうのを思い出しやすかったりしますからね。

 

そして、メモを書いたら暇な時にそのことについて頭の中で整理する。

 

アイデアが浮かんだことに対して、
「これをこうしてこういう表現を使って説明すれば伝わりやすいんじゃないかな」とか、
疑問点などがあったらそれについて深く考えてみる。

 

「なぜなんだろう」と考えているうちに記憶が深くなって知識を忘れにくくなります。

 

テストとかってそういう典型かなって思うんですけど、
テストは自分がこうだろうと思うことに対して行動を起こしますよね。
そして答えは直ぐには出ない。

解答用紙が配られたらそれについて答え合わせをして、間違っていたら、
どこが間違っていたかをもう一度分析してみる。

 

「なぜまちがえたんだろう。どこでミスったんだろう」ってね。

 

そして正しい答えが導き出せたときにはもう記憶は深くなっているから、
今後その問題は簡単に解ける。

 

日常でも誰かから言われたこと、
教えてもらったことに対して強く感動を覚えるときがあります。
「あっそうなんだ!」「マジで!?」みたいなね。

これはテストの解答用紙と同じ原理だと思ってます。

意識して考えたことがあること、もしくは無意識で考えたことがあることに対しての
答えが返ってきたとき強烈な感動とともに記憶が深くなる。

 

要は「なぜ」を常に考えることが大事です。

 

で、さっきメモを書いてくれって言ったと思うんですけど、
メモは持ち運びできる小さいタイプが良いと思います。

 

メモ

 

 

こういう感じのね。もちろんこんな高級な感じのじゃなくて、
コンビニにある120円くらいのやつでOKです。

 

理由は言わなくてもわかると思うんですが、どこでもメモできるように。
あなたも経験あると思うんですが、いい考えが出たときにメモしないと、
返ったころには忘れてしまっているんですよね。

これは本当にもったいなくて、ビジネスをやっている身からすれば、
数百万の損害になる可能性だってあるわけです。

 

それを考えるとメモを取って忘れないようにすることはとても重要な事です。

僕もよくあるんですけど、走っているときにふといいアイデアが浮かんだりするんですよね。
その時はもう地獄ですよ。

さすがに走っているときにメモを持ち歩いたりはしませんから、
家に帰るまでそのことを頭の中で「忘れるな、忘れるな」と暗示をかけながら帰るんです。

そして家に帰ったら汗も拭かずにメモを書く。
そこでやっと「はぁ~」っと気が抜けるみたいなね。

 

最近本当に走っているときにいいアイデアが出ることがあるので、
マジでメモを持ち歩こうかなって思ってます。

それかスマホに書いて、後でメモ帳に書き写すとかね。

 

本当にメモをすることは重要なので是非やってください。

 

 

そして、結局知識を頭に入れる方法、
記憶する方法で誰にも疑いようのない答えは復習することなんですよね。

テストの答え合わせーとか、「なぜ」をかんがえろーとか
言ってますけど結局はそのことについて考える時間を長くしろってことなんです。

 

「なぜ」を考えるというのは一つのテクニックにすぎません。
本気で覚えたい定着させたいことがあるなら復習をすること。

よく本を1冊さーっと読んで「はい終わり!よっしゃ本読んだぜー」って人がいるんですが、
それだけじゃ正直意味はほとんどないです。

 

もちろんある程度ざっくりは覚えていると思います。
でもざっくり覚えていく程度だと時間が立つにつれて忘れていきます。

なので最初はざっくり読むだけでも構わないので、2週目は要点をまとめるようにしてください。
特に重要な点をまとめて、それについて深く考えてみてください。

 

そこで自分の中で納得いく答えが出たら、
それは知識として頭が受け入れてくれると思います。

勉強もそう。ただ自己満足でサーっとやるのではなくて、
サーっとやった後にどうするかが大事。

 

その一歩先のことができるかどうかで雲泥の差が出てきます。
これを一つのマインドとしてこれからの学びに生かしてみてください。

 

 

 

 

コメントを残す