ネットビジネスってやってみたいけど難しいの?

 

 

 

ども。shinです。
今回は、初心者の方からよく来る質問である、
「ネットビジネスってやってみたいけど難しいの?」という疑問に答えていきたいと思います。

 

ビジネスって聞くとすっごい難しい感じがしますよね。

僕も最初はこの“ビジネス”というワードにものすごいビビってました。
でも実際にやってみたら全然そんなことないんですよ。

 

たとえばオークションだってビジネスなんです。
あの有名な「ヤフオク」ってやつです。コレ↓

 

yahuoku

 

 

これもネットを活用した立派なビジネスですからね。

あなたの商品とお金を等価交換したビジネスなんです。
僕もオークションで初めてのビジネスを経験しました。

 

今現在ネットビジネスでご活躍されている人は
さも、最初から「1000万稼げた!」みたいな言い方をしていますが、
実は8割方の人はせどりやオークションなどの物販から始めているんです。

最初は、オークションで実績を作ってそれを情報発信する。
みたいなね。

 

今やネットで商品を買うっていう行為は普通になってきていますが、
商品を買う人は多いけど、出品する人って本当にわずかしかいないんですよね。

 

たとえば渋谷で

「ネットでなにか商品を買ったことがある人ー!」
って聞いたら今やほとんどの人が手を上げると思います。

Amazonや楽天、などのネットショップが普及してますからね。

 

でも、「じゃあこの中でネットに商品を出品したことがある人ー!」
って聞いたらほとんどの人が手を下げるんですよ。

「稼げる」のにですよ?
こんなの正直「やる」だけなんです。
行動するだけなんですよ。

 

オークションなどの不用品を出品するだけなら、
正直小学生にだってできるし、実に簡単な作業なんです。

これをやるだけでも全然景色が違って見えますよ。
だって、月数万のお金が即金で入ってくるんですよ?

かなりうれしいですよね。

 

僕もネットビジネスを知ってすぐ始めたのがこのオークションです。
オークション自体は知っていたんですけど、やってみようなんて微塵も思ったことなかったです。

「なんかむずかしそう」こんな理由で。(笑)

 

でもネットビジネスという存在を知ってやってみました。
「とりあえずやってみよう。稼げなくても別に痛くないし。」
稼げたらラッキーくらいの気持ちで。

 

僕が最初に売ったのはゲームの攻略本。
FINAL FANTASY Ⅶの攻略本です。

もう見なくても頭にマップが浮かぶくらい
やりつくしたので売ることにしました。
(どんだけやったんだよって話ですが笑)

 

思っていたより出品方法は簡単。

 

まず、プレミアム会員ってやつに入会して
出品ジャンルを選択して、出品画面に・・・

って感じでトントンと進めました。

後はスマホのカメラで写真を撮って、
商品の状態を軽く書いて出品ボタンを押す。

 

これだけ。

 

めっちゃ簡単でしたよ。 思ったより数十倍ね。
で、気になる結果はというと…

 

______________________________________

結果が通知された日 某日 日曜日 晴れ

 

この日は仲のいい友達3人と僕、
合わせて4人で服を買いに行ってました。

その日は日曜日だったというのもあって、
ものすごい人で右を見ても人、左を見ても人。

とにかく半端ない人混みだったんです。

 

服を買い終わって、2時頃。
ちょっと遅めの昼ご飯を食べにいこうと話しながら歩いているときのこと。
そんな時に右ポケットのスマホがなりました。

 

(落札が確定されるとケータイにヤフオクからこんなメールが届きます。)

_____________________________

○○様
おめでとうございます!
商品「○○××…」が落札されました。

終了日時:○○月××日■■時△△分
落札金額:700円 ⇐これが売れた金額

 

_____________________________

 

 

「!?」

 

このメールを開いた瞬間7秒間くらいフリーズしました。

当時の僕はフリーズするくらい嬉しかったんですよ。
ただ売れただけではなく、「利益」が出たからです。

実は僕が出品した商品はBOOK OFFで
中古210円で購入したものなんですよ。

てことはつまり買った時より「高く売れてる」んです。

 

ここで初めて分かったわけです。
「あっ。これ儲かるわ」と。

このできごとが僕のネットビジネス人生の始まりです。
最初は売れればラッキーくらいの気持ちで始めたオークションが
その世界の可能性を示してくれたわけです。

 

本が売れた後は部屋にある不用品をたくさん売りました。
オーディオ機器だったり、ゲーム機、マンガ、アイロン、服…

中には親の大切なコップとかも…
ものすごいキレられましたけどね(笑)
(いまだに根に持たれています・・・)

 

ま、こんな感じで出品して売れていったわけです。
初心者ながらこれで約5万円稼げました。

これはただの不用品処理ですけど、
この物販ビジネスを活用すれば十分生活できるほどのお金は稼げます。

 

まぁでも、僕が初心者にオススメしているのは
まずは不用品処理をやること。オークションですね。

最初はオークションで、生活にいらなくなったものを
売るという作業をやることをオススメしてます。

 

それをやることによって「本当にネットって稼げるんだ!」というのがわかるし、
なにより簡単な作業だけでできますから。

最初の一回は色々躓く(つまづく)場面もあると思うけど、
それは最初だけであって、二回目からはスムーズにできるようになりますし、
なによりキャッシュポイントが一つ増えますからね。

 

とはいっても僕は、
ずっと物販をするというのはオススメしていません。

なぜなら本格的にお金を稼ごうとすると、
作業する時間が膨大になるので本末転倒です。

 

 

前回も言いましたが、僕があなたに目指してほしいのは、
“好きなことが好きなだけできる未来”です。

お金を稼げても時間に追われていては、自分の好きなことはできませんよね。

 

物販ビジネスは非常に稼ぎやすいですが、「レバレッジ」が効いていないのです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B8
👆レバレッジ Wikipedia引用

簡単にレバレッジの説明をすると、てこの原理のことで1の力で10、100の結果をだすこと。
物販は10の力(行動)で10の結果しかでません。

かたやシステムを利用したビジネスでは、
1の力で100の結果を出すこともできるということです。

 

僕が最終的にあなたにやってもらおうと思っているビジネスは、
「情報ビジネス」です。

情報ビジネスというのは情報をお金に換えるビジネスのことです。
あなたの持っている情報を求めている人に提供してその対価としてお金をいただくこと。

これが僕が一番おすすめするビジネスです。
(違うページで詳しく説明しているので興味がある人は後でのぞいてみてください。)

 

情報ビジネスはレバレッジが非常に効いていて、
ブログやメルマガを放置しているだけで勝手に読者に提供してくれます。

そう、「自動」なのです。
仕組みを作り上げることができれば自動でキャッシュを生み出せるようになるのです。

 

自動だから、1日何もしないで遊んでいてもOKだし、
平日に旅行に行ったりすることも可能です。

文字通り好きなことが好きなだけできるようになるのです。

明日ここに行って、こうしなきゃいけない。
なんてこともなくなるのです。

最強ですよね。本当にこれが実現したら。
あなたさえその気になればそれを実現することができます。

 

情報ビジネスがすごいのはわかったけど、
そんなお金に換えられるような情報なんて持ってないよ。
って思ったかもしれません。

だったら他人の商品を代わりにあなたが売ってあげればいいのです。
ネットのには溢れるほどたくさんの商品があります。それをあなたが代わりに売ってあげればいいんです。

 

それを販売者の代わりに売る。
これが「アフィリエイト」というビジネスです。

アフィリエイトは成功報酬型なので、
売れたら売れただけ報酬が支払われます。

その利益率が非常に魅力的で最高で商品金額の88%の報酬を得る事が出来ます。
まぁ、それは極まれな例で大体50%とか60%とかですけどね。

 

それでもすごい利益ですよね。
10000円の商品を売ることができれば確実に5000円はあなたの報酬となるわけです。

利益率が非常に高いのに、初期費用などがほとんどいらない。
つまりローリスクハイリターンということです。
最強ですよね。

これを是非あなたにやってほしいと思っています。

 

さっきも言いましたけど、今すぐにやる必要は全然ありません。
まずは不用品処理をしながらネットでお金を動かしてみて、
余裕ができたら挑戦してみるという形で良いと思います。

ご自分のペースで進んでいってください。

 

僕に興味を持ってくれたのでしたら是非このブログを隅々まで覗いていってください。
色んな所にヒントが書いてあるので、必ずやあなたのためになると思います。

長くなりましたが、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

title:ネットビジネスってやってみたいけど難しいの? Author:shin

 

コメントを残す