3つの心理障壁を解消すれば、飛ぶように売れる文章が書ける「3つのNOT」

3つの心理障壁を解消すれば、飛ぶように売れる文章が書ける「3つのNOT」

 

ども。shinです。
今回はコピーライティングのド基礎である、3つのNOTについてお話しします。

 

これからネットビジネスをやっていくという人は、
必ずこの知識を体得してほしいなと思います。
これはド基本でありながら、コピーライティングで最重要のスキルです。

 

このスキルが身に着けば、
あなたが紹介する商品が飛ぶように売れるようになります。

顧客に「モチベーション」を付加しながら心理障壁を一つずつ
取り除く事が出来るようになるので、面白いように売り上げが上がっていくのです。

そうなれば、一度作ったセールスレターをメルマガやブログに
ポイとおいておくだけで、自動的に売れるようになります。

 

“好きなことが好きなだけできる未来”を創るには
必要なスキルというわけですね。

是非、「自分が商品を買った時って”どういう心理”が働いたのかな?」
というのを考えながら読んでほしいと思います。

そうすれば吸収率もかなり上がると思うので。
では、本題に行きましょう。

 

3つのNOTってなに?

 

3つのNOTっというのは、
人間に潜在的に備わっている3つの心理障壁のことです。

・NOT READ「読まない」
・NOT BELIEVE 「信じない」
・NOT ACT 「行動しない」

これが3つのNOTと称されている心理障壁です。

人間はこの心理障壁を無意識で持っていて、
この心理障壁を一つずつ取り除いていかないと、
絶対に商品を買ってくれません。

 

これらの障壁を一つ一つ越えていくことが僕らがすべき事というわけですね。

これだけじゃよくわからないと思うので、
これから一つ一つ詳しく説明していきますね。

 

NOT READ「読まない」

 

まずはNOT READ「読まない」ですが、
人間は自分にメリットのあることしか基本的にしたくない生き物です。
そして非常にめんどくさがり屋なのです。

なので、たとえあなたが一生懸命作ったセールスレターだったとしても
彼らに一目で「これはメリットがありそうだ」と確信に近い感情を抱かせなければ、
すぐに右上のバツボタンを押されてしまいます。

 

みんな「自分が文章を書けば、まぁ読まれるだろう」と思っているのですが、
それは放漫でしかありません。

「だれも自分に興味がない」という前提で
僕たちは彼らにアプローチしていかなければいけません。

現に「顔」「声」「あなたがどんな人間であるか」
すら分からないわけですから、「興味がない」のは当然です。

なので、商品の説明を淡々と書いただけで購入してくれないのは”必然”というわけです。

 

「できるだけ楽したい」とみんな思っているので、
わざわざ長い文章なんか読みたくないのです。

なので、読まれる工夫をしなければいけません。

 

特にセールスレターの場合、
レターを開いて”ほんの数秒”で「この文章を読むか読まないか」を判断します。

その数秒で読まれるようにするのが「NOT READ」を越えることになります。

 

NOT BELIEVE「信じない」

 

NOT READ「読まない」の壁を越えたとしても、
よく知らない人を簡単に信じたりしませんよね。

「ちょっとこれ面白そうだな!」と思ってくれたとしても、
購入するモチベーションは未だ低いままです。

 

なぜなら、「信じていないから」です。

 

あなたが商品を買う時の心理状態を考えてみて欲しいのですが、
よく知らない人が紹介している物はできるだけ買いたくないですよね。
しかも商品が世間で認知されていない。非常に怪しい商品です。

普通に考えて買おうとは思わないですよね。(笑)

 

では、買うときはどう思っているのかというと、
「ある程度のハードルを越えた信用」があって初めて、
買おうかどうかを判断しているはずです。

 

それを証拠にAmazonで時計や、PC、本などの物を買うとき、
必ず一度はレビューを見ますよね。

これは「この商品は信用できるのかどうか」「良い機能性なのかどうか」
というのを確認しているわけです。

レビューをみて比較的良さそうだったら買う。
ほとんどの人がこういう風に購入を決断しているはずです。

 

要はこれと同じようなことができれば、買うかどうかを”迷って”くれます。
これが出来れば、確実に「信じない」の壁は越えていく事が出来ます。

 

 

NOT ACT「行動しない」

 

 

「読まない」「信じない」の壁を超える事が出来た。
後は、行動してもらうだけです。

行動してもらうだけなのですが、
一体どうしたら行動してくれるでしょう。

 

あなたは商品を買うとき、どういう心理になったら商品を買おうと思いますか?
これを思い出せば非常に簡単な問題です。

 

正直「読まない」「信じない」の壁を超える事が出来たら、
ほとんど購入してもらえると思っていいです。

あとは「値段以上の価値」つまり、「彼らの想像以上の価値」を
感じさせる事が出来れば購入してくれるのですから。

 

人はまず「感情で欲しい!」と思い、理論で自分に説得しようとします。
なので、「感情に訴えかける」ことができれば、勝手に自分で説得してくれるので、
想像以上の価値を提供することで、行動のモチベーションはほぼMAXになります。

当然理論も語っていく必要がありますが、
まずは「感情に訴えかける」ということを忘れないようにすることが大事ですね。

 

 

まとめ

 

軽くおさらいをしましょうか。

まず「あなたが書いた文章は読まれない」という前提でレター書く必要があります。
なので、まずは「続きを読ませるモチベーション」を付加させる。

これはタイトル、サブタイトルの部分ですね。
セールスレターでは「ヘッド」という言葉を使いますが、
要はページの”頭”の部分ですね。

ヘッドは”最重要”です。レターを書く8割の時間をここに費やすべきですね。
8割!?と思うかもしれませんが、少し考えてみたらわかる筈です。

 

「ヘッドでページを閉じられたらゲームオーバーなわけですから。」

 

なのでその「ヘッド」の部分で「これ読まなきゃ眠れねぇぜ!」
と思うくらいのモチベーションを付加させます。

これがNOT READ「読まない」の壁を超えることになりますね。

 

そして読んでくれたとしても、
仮に「面白そうだ、ちょっと欲しいかも」と思ってくれたとしても、
信じていないということです。

先ほども言った通り、買うかどうか迷わせるということが、ひとまずの目標です。
なので、一定以上の信用のハードルを越える必要があります。

そのためには、実績や購入者の声、自分の理念などを伝え、
信じてもらえるように努めます。

 

そして、NOT ACT「行動しない」

読んでくれて信じてくれたとしても、
別に欲しくないと思われたらそこで終わりです。
今までの苦労も水の泡。試合終了です。

そこで行動させるには「想像以上の価値」を感じさせることが重要です。
それが出来れば無意識で欲しいと思ってくれますから、
あとは理論で説得してあげれば行動させることができます。

 

「まずは感情を揺さぶって、最後に理論で説得する」
これは非常に重要なので覚えておいてください。

 

 

おさらいはここまででOKですかね。

 

至極当たり前なことですが、
このコピーライティングの技術はお客さんに限りなく100%に正しく、
その商品の価値を伝えるためにあるものです。

たまに勘違いしている人がいるのですが、
決して120%の価値を伝えるものではありません。

商品自体の価値は100%なのに、「120%の価値がありますよ~」
というのはただの詐欺です。

 

これは絶対に勘違いしてはいけないところです。
ライティングの技術はコミュニケーションを円滑にするためにあるものですから、
そのことを忘れてはいけません。

決してウソをホントかのように見せかける技術ではないのです。

よく「なんで、商品の魅力を伝える必要があるの?良い商品はそれだけで売れるでしょ?」
という人がいるのですが、それは大きな勘違いです。

 

「良い商品が売れるのではなく、正しく価値を伝えた商品が売れるのです。」

 

知っての通り、今はモノが溢れかえっています。
何が良いもので悪い物なのか僕たち素人にはわかりません。

ぶっちぎりで1位の機能性を持った商品より、
10位の機能性でみんなに知られてる商品のほうが売れるのです。

だからみんなCMや広告で必死にPRをしているのです。
「良い機能の物を作っただけで売れるんだったら、CMなんてしなくていいでしょう?」

 

これが現状です。
なので僕たちは、「正しく商品の価値を伝える技術をつける必要がある」ということです。

これが出来れば怖いものなどないのです。
自分の技術でいくらでもキャッシュを生み出せるのですから、
本物の安定を手にしたといえるでしょう。

 

一生かけてでもこのスキルは身に着ける価値があります。

といっても一生なんてかけなくたって、半年一生懸命勉強すれば、
そこら辺の「テキトーにビジネスをやっているらしい人たち」なんて
ごぼう抜きする事が出来ます。

なので少しの期間本気で取り組んでみてください。

 

ではでは今回はこの辺で!

 

 

 

コメントを残す