コピーライティングのスキルを学ぶことで得られる4つの巨大なメリット

コピーライティングのスキルを学ぶことで得られる4つの巨大なメリット

 

 

ども。shinです。
今回は「コピーライティングの技術を身に着けるとどうなるの?」
という話をしていきたいと思います。

 

コピーライティングって聞いてもパッとしないと思うんですよね。
「なんか文章書くんでしょ」くらいの認識だと思います。

僕も実はそうでした。
「あぁ、なんかセールスレターとかいうやつを書くときのスキルね。」
みたいな感じで。(笑)

 

正直・・・完全にナメてました。

 

この記事を読めば、コピーライティングの技術がないというのは
非常にヤバいということがわかると思います。

ヤバいというか、単純にお金をドブに捨てている感覚ですよね。
もったいないという方が良いのでしょうか。

 

これから読んでいくうちに、手汗が噴き出るほど興奮すると思うので、
タオル必須で読み進めて下さい(笑)

 

ではいきますね。

 

コピーライティングを学ぶことで得られる4つのメリット

 

大きなメリットとしてはこの4つかなと思います。

・お金がガッポリ稼げる
・読まれる文章が書ける
・最大限に売り上げを出すことも、逆に絞ることもできる
・比較的早く、そして簡単に身につく

 

今からこれらを一つずつ簡単に解説していきます。

 

 

お金がガッポリ稼げる

 

言い方はアレですが(笑)、まさにこの表現が合っていると思います。

 

よく「メール一通で100万円」なんて言われますが、
これは現実的に可能なことなんです。

ホントにちょっとコピーライティングをかじるだけでも余裕でこれくらい行きます。
というか100万どころじゃなくて、極めれば1000万や1億も行けるほどの
強力なスキルと言えます。

 

現に、今コピーライティングをちゃんと学んでいる人は1000万とか稼いでますよね。
Facebook見てたらよく見かけるレベルです。

 

コピーライティングというのはネットビジネス限定の技術だと考えている人もいますが、
実はそうではありません。

 

コピーライティングでご飯を食べている人をコピーライターといいますが、
彼らは、アーティストの作詞や、著名人のスピーチの原稿を考えていたりしています。

これを言うと結構驚かれるんですが、
彼らの心にグッとくるスピーチは彼らの口から発せられるものの、
「原稿自体は彼らが考えたものじゃない」んですよ。

 

その裏にいるコピーライターが考えたものなんです。
それくらいコピーライティングの技術は重要視されていて、
英語圏には日給1億稼ぐほどの人がいるくらいです。

 

(ちなみに「伝え方が9割」でおなじみの著者佐々木圭一さんは
chemistryや郷ひろみさんの歌詞をオファーされたこともあるそうです。
この本は面白いので読んだことない人は是非読んでみてください。)
リンク→伝え方が9割

 

 

よく、大企業に勤めれば安定だ。
といわれますが、そんなのは机上の空論でしかなくて、
「ホンモノの安定はコピーライティングを極めることだ」と言っても過言ではないです。

 

一生使える技術ですから。
一度学べば忘れることはないし、人を動かす技術がつくわけですから、
極めれば今では想像できないお金を稼ぎ出すことも可能になるのです。

 

購入率がたった1%上がれば生涯収入が大きく変わる

 

非常にシンプルです。
算数ですよ。

単純な話ですが、
セールスレターの購入率が5%と6%ではめちゃくちゃ違うのです。

 

例えば、仮に毎月1000人の人があなたが書いたセールスレターに目を通すとします。

その中の5%があなたのレターを読んで5万円商品を買ってくれると。
すると式はこうなります。

50000×1000×5/100=250万

250万が毎月の収入です。

 

購入率が6%だと、

50000×1000×6/100=300万

単純計算して、毎月50万の差が出るわけです。
たった1%変わるだけで毎月の収入が50万上乗せされるのです。

これで読者が増えたり、商品の単価が高い物だったりしたら、
当然もっともっと差が出てくる。

コピーライティングの技術レベルがどれくらいかで、
収入に直結するのです。

 

読まれる文章が書ける

 

コピーライティングを一度も学んだことないという人はどこかで、
「自分が文章を書けば読まれるだろう」と思っているのですが、
実はそうではないんですよ。

 

「誰も読んでくれない」のです。

 

たとえあなたが、「これは重要だから」といって読者さんのために
三日三晩かけて一生懸命書いた文章でも、
残念ながら「ほとんど読まれない」というのが現実です。

 

これはなぜかというと、単純に「興味がないから」です。

もちろんあなたに対して特別な「好意」「信頼」をおいている人は読んでくれます。
もしかしたら自主的に、あなたが書いた記事を全て読んでくれるかもしれません。

ですが、初めてあなたの記事を読む人というのは、
当然あなたのことなんて知らないし、興味がないのです。

 

「興味がない人に使う時間なんてない。」
だから読まれないのです。

 

ネットビジネスでちゃんとコンテンツもあるのに稼げない人というは、
「読まれてないのに”読まれてる”」と思って書いているケースが多いです。

 

僕たちは「読まれない」という事実を”前提”に文章を書かなければいけません。

その事実を知ったうえで、読まれる工夫をするから、
読まれる文章が書けるようになるということですね。

当然記事もセールスレターも同じです。
読まれるように工夫して初めて読まれる。

読んでくれて初めて価値提供したということになるのです。

 

コピーライティングを学ぶことで読まれる文章を書けるようになり、
読まれる文章を書けば価値提供もスムーズにできるようになるので、
ファンや固定読者が増えます。

そして彼らにオススメする商品を売る技術が身に着けば、
当たり前のように収益が上がるようになると。

コピーライティングを学ぶことでコミュニケーションがより
円滑にできるようになるのです。

 

・最大限に売り上げを出すことも、逆に絞ることもできる。

 

ターゲットにする人たち(買ってほしい人たち)が
どういう性質を持っていて、どういう言葉に反応するかというのがわかるので、
当然ターゲットが反応する言葉を使えば必然的に売れるようになります。

 

 

それとは逆に絞ることもできるんですよ。
僕は「こういう人たちは買ってほしくない」という人たちにはできるだけ売らないようにしています。

具体的にどういう人に売りたくないかというと、
「被害妄想が強い人」「責任転嫁する人」「依存意識が強い人」ですね。

こういう人たちを成功させるのってかなり難しいんですよ。
ていうか、僕は考え方を変えない限り成功するのは不可能だと思ってます。

 

例えば、「責任転嫁する人」ですが、
成功というのは、小さな失敗をたくさんして
その失敗を改善していくことでいずれ成功できるにもかかわらず、

責任転嫁する人は、その小さな失敗を自分以外の”何か”のせいにします。
環境なのか、人なのかわかりませんが、とにかく”自分のせい”だとは思えないんです。
その時点で思考は止まりますよね。

 

逆に、
「失敗は自分の責任だ!」と思える人は、それを一生懸命改善しようとします。
「何が悪かったんだろう」「どこでミスったんだろう」という風に。

考えていれば、いずれその答えにたどり着きますから、
また一つ成功に近づく事が出来ますよね。

 

こんな感じで、責任転嫁する人と、しない人では成功率が雲泥の差なんです。

こういうマインドの人は、正直9割9分成功できないと思っています。
ほとんどの人が小さな失敗をして、「失敗したのはお前のせいだ!」と
見当違いなことを言ってきます。

 

だから売りたくないのです。
かなり高い確率でクレーマーになってくれるので。(笑)

こういう人たちにはめんどくさいので、売らない。
こういう層にいる人を排除するような言葉を使っていくことで、
彼らには響かないレターを作る事が出来ます。

 

コピーライティングを学ぶと、
買ってほしい人には響く言葉を書きながら、
買ってほしくない人には響かないレターを書けるようになります。

自分が来てほしい性質を持った人だけを集める事が出来るようになるということですね。

 

・比較的早くそして簡単に身につく

 

ここまで読んでくれたあなたは、
「さぞ、お難しいんでしょう?」と思っていることだと思います。

朗報です。
集中すれば3か月で、”ある程度のスキル”を身に着ける事が出来ます。

僕たちは、アーティストの作詞をするわけでもなく、著名人のスピーチ原稿を書くわけでもありません。
1000人にアプローチをしてたったその5%に商品を買ってもらうレベルで良いのです。

 

そのくらいなら集中して学べば3か月~6か月ほどでそのレベルに達する事が出来ます。

 

少し、、、
なぜそれだけの期間でスキルを身に着けられるのかというのを説明しましょう。

僕たちはこのスキルをゼロから研究する必要なんてなくて、
先人たちが研究に研究を重ねて得たノウハウを知る事が出来るので、
僕たちはこれを参考にして勉強していけば良いのです。

無駄がほとんどない、
ノウハウがギュッと凝縮されたものを手に入れる事が出来るということです。

だから、
半年やそこらで自分でビジネスができるくらいのスキルを身に着ける事が出来るのです。

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

「コピーライティングはヤバい!」
と思っていただけたのであれば幸いです。

 

「詳しくコピーライティングを知りたい!」という人は、
他にも記事を書いているので、そちらを読んでいただければなと思います。

メルマガではもっともっと深い話をしているので、
そちらも興味があれば登録してみてください。

長くなりましたので、是非一息ついてから別記事を読んでみてくださいね(笑)
ではでは。

 

 

コメントを残す